月別: 2012年4月
【TAROの日記】

2012/04/19(木) 08:33

質が悪い

今朝は、妻の車で出勤する。
車のCDには、JAZZ名演100!!みたいなものが入っていた。
聞くのはこれしかないので聞きながら事務所まで出勤したものの、ナンナンダ、コノCDは?

一応、マイルスやモンクなど有名ジャズミュジーシャンの音ではある・・。
確かに、私の好きなアルバムから持ってきた音もある・・。
しかし、なんで、この選曲なのか?と?印がダンコになって襲ってくる。

こういうCDは、月並み選曲が基本だと思うけど、月並み(例:エリントンだとがAトレインとか・・)が少なくて、「これはないでしょ!」のオンパレード。マイルスなんて、よくこんなふぬけた録音を持ってきたな・・という感じで、かえってびっくりしてしまった。

・・・こんなCDに噛みつく必要は全然ないわけだけど、我が妻がこれを楽しんでいるというのは微妙である。
大げさに言えば、夫婦の価値観なんて、こんなところからずれていくんだよな。

・・・そんな気分で机の上に置いてあった今朝の読売新聞を見ると、トップ記事が「首都直下 死者9700人」。
またまた東大地震研究所のしわざである。
仕事としては、JAZZ名演100!というCDより質が悪いな・・。

【TAROの日記】

2012/04/18(水) 08:28

わかっているけど、わからない・・

朝、エスペランサ・ スポルディングのPVを見ていたら、PVの中で子供が開く古い本にサリフ・ケイタやフェラ・クティといった名前が出てきてうれしくなってしまった。
そして、彼女のベースを弾く姿がかわいい。
こんなかわいい感じのベーシストって今までいたかなー?
個人的には、ティナが大好きだけど、こういうかわいさではない。

もう十年以上も前のECDのアルバムの中に、ジョン・レノンや江戸アケミなどの名前が並んで出てくる曲があった。
あの曲で、ぐっとくるのも、この名前の出てくるところ。
人間なんて単純なのだ。

蛇足ですが、神聖かまってちゃんの『ロックンロールは鳴りやまない』でも、ビートルズやセックスピストルがわからなかった・・というくだりにぐっとくる。
くどいけど、人間なんて単純なのだ。

名前には、コンテキストがあり、そのコンテキストは人様々だけど、それでも共通点は多い。
今更だけど、コンテキストの利用というのは、非常に有効だ。
そこに、わかる人にだけわかるメッセージも込めやすい。

ところで、今日の日経新聞トップは、とんでもないコンテキストを含んだ記事である。
しかし、誰もがそのコンテキストに気づいているわけではない。
また、頭ではわかっているけど、実際のところはどうなのか・・という人がほとんどだろう。

そういえば、昔、アメリカのパルチザン向け放送を、「ただの詩だよ!」と言って放っといたのはドイツの将校達。
彼らは、その後に、偉い目に遭うわけだけど、あの放送も聞く人が聞けば、えらいコンテキストだったわけだ。
それに、普通の将校もウスウスわかっていたという記録もある。わかっていたけど何もしなかったということだ。

では、どうして?
オオカミ少年情報に飽きちゃったということだろうね。

【TAROの日記】

2012/04/17(火) 08:33

負担は3割になるとさ!!

「厚生労働省の推計によると、2025年度の会社員1人当たりの保険料(労使合計)は12年度初めより15%強増え、年収の3割を超える」のだそうだ。(日本経済新聞)

この「○○の推計によると・・・・・・・」というのが気に入らない。
官僚は毎度そうなのだが「○○の推計によると・・・・・・・」と言う。
そして、同じ事を続ける。

私たち経営者は、「考えてみるとこうなっちゃうなー」と言うときは、
・やめる
・大きく変える
のどちらかを選ぶ。

この普通のことを、この国はやらない。
国そのものが、引きこもりみたいな状態。依存人間の典型と同じようなことをやっている。

明治維新で生まれた日本という子供は、誰も頼れなくて、独立心旺盛に育った(みたいだ)。
ところが戦後の日本は、親の暴力にあいコテンパンにされて、その親は親で自分のことしか考えていないから、依存的に育った。
いずれにしても、普通には育つことなかった。
そんな案配で両極に振れた(と思う)。

そんな風に考えると、この国の先・・というのは見えている。
こんな風に考えなくても見えているが、さらに見えた気分だ。

ボウルヴィーで考えてみました。

【TAROの日記】

2012/04/16(月) 08:31

最初・・

山菜採りに行くといつも思うのだけど、初めてウドやゼンマイを食べた人って凄いと思う。
キノコなどもそうだけど、どうして食べたのだろう?
本当に不思議だ。

ポピュラーミュージックでは、dim(ディミニッシュ)というコードがよく使われる。
このコードは、4つの音が1.5音づつ離れているコードで、世の中に3つしかない。
楽器をいたずらしていれば、このコードを見つけることは誰にでも可能だけど、このコードを最初に曲の中で使った人は凄いと思う。
どうして、こんな不協和音をおしゃれに使うことを思いついたのだろう?
本当に不思議だ。

 ※音楽史に詳しい方がいらっしゃったら、「最初」が誰でどの曲か教えてください。

・・・ということを考えていると、最初にやった人は偉いな~というのはたくさんある。
でも、ぜんぜん歴史に残っていない。

でぇ、歴史に残らなくてもいいから、何か「最初」をやってみたいと考えてみたけど、くだらないものしか浮かばない&それさえもすでにやられているような気がする。

おそらく、ほとんどが、紀元前に発見されているのだろう。
仮に、紀元後に発見されたものがあっても、微分積分と相対性理論以後のその周辺にかかわる「最初」しかないように思える。

結局、偉い哲学者なんて、紀元前の発見を無視したり遠回りしたりして、それ以上の発見ができていないと思うし、哲学以外でもそうでしょ。

そうするとわかることがある。
「新しい」は要注意!
これがわかるんだよね。

【TAROの日記】

2012/04/13(金) 08:31

物忘れと老眼

物忘れがひどくなって困っているのは、今にはじまったわけではないが、
物忘れと老眼はとても不便である。
それもよくなることは絶対にないのだから致命的だ。

しかし、フロイトによれば、傘を忘れることにだって積極的な意味があることになるのだから、
物忘れと老眼にも積極的な意味があるのかもしれない。

50歳になってそろそろ半年になりそうな私には、ある種の諦めがあって、ボケについてはとりあえず整理が終わっている。
呆けというのは、おそらく、自我の尊厳の防衛である。おしっこをもらしたり、ご飯を食べさせてもらう自分なんて耐えられないから、ボケる。周りは迷惑だが、本人にとっては悪くないことなのだ(と思う)。
同様に、物忘れと老眼にも積極的な意味があると思うわけだ。

では、どんな積極的な意味があるだろうか?

一つは、若いときと同じ気になって同じ事をするのはやめな!という体の防衛の効用がある。
そう考えると、私なんかは、やることがまったくなくなってしまうけれど、ガキの頃からやっているいろーーんなことを卒業していく時期のお知らせなんだろう。

そういえば、楽譜なんてまったく見えないうえに、暗譜も不可能になっているから、本当にコードくらいしか見なくなっていて、テンションとかも適当に入れるという非常にJAZZ的な案配になってきている。
もしかしたら、ビバップというのは、そんな案配からはじまって、そのうちその世界で凝っていって、私ごときではわからないような世界になったのかもしれない。

そんな風な、手抜きが逆に複雑を作るというのは時々ある(ビバップはそうじゃないけど・・)。
私なんて、シンプルイズベスト、田舎は楽ちん!!と言って田舎に引っ越したのに、引っ越した年から急激に東京の仕事が増え、しまいには、マンションを借り、事務所も出す羽目になっている(ちょっと違うか?)

・・・・・・・

ところで、物忘れと老眼の効用なんだが、こういう風にブログを書くということを止める口実にもなるし、仕事をやめる口実にもなるし、まー、いろいろと年のせいにできることは多い。

若いときは、若さのせいにし、年を取れば年のせいにする。
まー、そんなものだな・・。

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ