月別: 2012年2月
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2012/02/28(火) 08:56

痩せましたねー

昨日、久しぶりに事務所に出勤すると、「頬が痩けてますよ」と言われる。
こういうのは気になるもんで、最近、出ていたわき腹がなくなって喜んでいたけど、「もしや病気か?」」などと思ってしまう。
だいたい15日も連続で出張していると、非常に疲れが残っているので、それでなくても嫌な感じである。

さらに、本日、『まーけ塾』を終えると再び出張。
家で過ごしたのは、たった2日半。

さらに、2月は法人税の納税の時期。
昨日、スタッフからとんでもない数字を見せられた。

・・・・なんで、ここまでして働いているのか?
最早、私の意志ではない。
何なんだろう?

ちょっと厭世気分になるな。
まだ、2012年は始まったばかりなのに・・

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2012/02/27(月) 08:36

15日ぶりの帰還

いやーーーーーーーーー長かった・・。
こんなに出張が長いとさすがに疲れる。

ただ、今回は案外楽しかった。
わけ徳山のフグも食ったし、談志の追悼会にも行った。
東京事変の解散ライブも見たし、イッセー尾形も久しぶりに見た。
『メランコリア』に戸惑うカップルを笑い、『ポエトリー』ではこっちもぶっ飛んだ。
どうしても忘れられなかったお茶の水にたたずむ一台のギターを弾きに行ってしまい、結局、買ってしまった(間違いなくお買い得!1)

でぇ、今日明日と新潟で過ごすと、再び東京・・・。
再度、武道館で東京事変の解散ライブ千秋楽を見る予定。

それでも、仕事もやっている・・。
だから、疲れるんだな。

【裏ページお勧め教材】

2012/02/10(金) 01:29

朝から収録

朝から、二本収録をしたので、ただいま出勤。
よくこの雪の中を出てこれたと思う。
でぇ、これから帰る。
雪を掘らないとマズイ。
明日から2週間出張だから、2週間分掘らねばならぬ。
ちなみに、掘っている間に電話相談数件もあり。
あー、ちがう意味で忙しい・・。

さて、雪の中へ!!

【TAROの日記】

2012/02/09(木) 08:36

LCC

またまた、雪が凄い。
今年は、雪国で住み続けることに対する疑念を大きくした年である。

「疑念」などとは言っているけど、そもそも、ずーっと今のところにいる気は最初からない。
子供達にも、住みたい奴がこの家に住めば~。俺たちはいないから・・などと昔から言っている。
しかし、住み続けるかもしれない・・というのもどこかにあった。

環境はよいし、食い物もうまい。そして、多すぎるけど雪も降る。こんな良い場所はない。
代わりを見つけることを考えたら、めんどくさいし、このままここにいるのも悪くない・・とも思っていた。

しかし、後15年もすれば体力は衰える。
今と同じように雪囲いをしたり、雪を掘ることは不可能になる。
雪のためだけに、子供と住むというわけにもいかないので、そろそろ、次の住処を考えた方が良いのかもしれない。今から思考して10年後くらいというのは時期的にもちょうどよい。

ただ、よーーーく考えてみたら、こんな思考をしている雪国の住人はほぼいない。
誰もが死ぬまでここに住む。
昔からそうだし、これからもそうだろう。

しかーーーし、さらに考えてみると、人とは歴史的に見て流動的な生き物だ。
よくわからないが、私の先祖も名古屋方面から落ち武者になって新潟に来たらしい・・(本当かどうか知らん)。
ブラジルにもハワイにも・・・いろんなところに日本人の移民もいる。
それも今よりも不便な時代に、日本人は結構ウロウロしていた。
だから、タイには日本人町もある。

それで、LCCの就航というニュースを見ると、これからとんでもなく流動化は進むのだな~と思う。
私もシンガポールやマレーシアに彼女の一人でもいた方がいいのかも・・なんて思ったりする。
私の彼女発言は単なる冗談だが、実際に、中国とかに彼女がいる国際人(?)もいるわけで、あっちのほうが明らかに先進的だ。

春にちょいとシンガポールに行ってくるけど、香港みたいにどこでもフラフラ行ける場所になったらいいなーと思う(熱いのヤダけど・・)。
これから日本は、人もお金もドンドン出ていくんだろうな。
しかし、こういう時は、じっとしているのが勝ちだったりするけどね・・。

【TAROの日記】

2012/02/08(水) 08:48

またまた凄い雪!!!!!なので考える

昨日の朝礼でも言っていたのだけど、この日本の将来を考えると、公共による除雪はあてにならなくなる。
現在の雪国は、昔から考えたら凄いことになっている。
朝になると除雪車が出動。道路の雪をきれいにしてくれる。
これで、私たちは、どんな凄い雪でも仕事に出ることができる。

もちろん、敷地内の雪の処理だけでも大変。道は除雪されていても、雪がなくなるわけではないから、雪国の朝の通勤は、それだけで労働であることに変わりはない。

しかし、昔なら、働くことさえままならなかったはずだ。
そして、それはそれでよかった。
それぞれの地域の相互依存が低かった昔は、街ぐるみで経済が動かなければ、それはそれでよかったと思う。
ところが、現在のようなグローバル化に代表される相互依存性の高い社会では、昔のままなら地域の経済は沈むだけ沈むだろう。

そして、これから相互依存性が高くなったままに、除雪がままならない時代が来る。
公共インフラの更新さえままならなくなるのだから(さて、どこで橋が落ちて、犠牲者が出るか?)、雪なんてかまってはいられない。

雪国の静かな暮らしを選択するか、ガンガン働くか・・の選択の時代が来るのかもしれない。

しかし、こんなことを書いていながら思う。
もしや、インターネットによってピークを迎える相互依存性は、そこから逆に動くかも・・。そして、コンサマトリーな世界が待っている可能性もある。

んー、これっておもしろくないか・・。

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
ページトップヘ