月別: 2011年10月
【TAROの日記】

2011/10/31(月) 08:56

柿が超豊作

今年は、夏から、生り物が良い。
メロンもスイカも絶好調。

そして、その調子のままに秋に突入。
恐怖の柿の時期が来ました。

かみさんに、「どれくらい取れた?」と聞くと、2000個は楽勝との話。
柿を取っては、100個ずつに分けて人にあげているので、この数に間違いはない。

さらに、その会話の後に、植木屋さんに枝の整理をしてもらう。
これで、いつもなら取らない上の方の柿も取る羽目に・・。

そんなわけど、柿だらけ・・・・・・・。
干したり、焼酎漬けにするだけでも大変なんだろうな・・。

私は、落ち葉のかたずけ以外何もしていない・・。

でも、ひさしぶり、娘にも手伝わせて、3人で段取りよく秋の作業をするのは悪くない。
子供時代に植え付けられた動きは、染みついていて、久しぶりの外作業だったけど、段取りよく身体が動くのに驚く。

子供には、外仕事はきっちり身につけさせておかないとな・・と思うのだった。

追記
明日から長期出張のため、1週間ほどブログは書きません。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2011/10/28(金) 08:34

クタクタになる

昨日、『まーけ塾』の後に、飲む。
昨日の『まーけ塾』は、久しぶり少し明るい話になった。
小さな転換点が来た・・かな?という感じ(まー、いずれにしても、ここから地獄だけど・・)。
そんなこともあってか、おでんを食うという人たちに付き合う。
ただし、二日酔いだったため、ウーロン茶で過ごす。

考えてみると、ウーロン茶で過ごすのは2度目。
一度目はよくわからなかったけど、案外疲れることを知る。
まったく気を使わない人たちと好き勝手なことをしゃっべているだけだというのに、この疲れは何でしょ?

でぇ、思ったのだけど、酒飲みというのは結構な体力を使っているんだな。
それが酒の酔いでごまかされているだけ。
私たちは酒飲んで、無駄なエネルギーを大量に消費しているのだ。

しかし、だからといって楽しい酒飲みを止める必要もない。
無駄は重要だもんね。
ただ、酒飲みに耐えられる体得を失いはじめている現実は知っておいた方が良さそうだ。

会社でも何でも、体力が落ちだしたところで、バカなマネをするのが世の理なので、ちょっと覚えておこう・・。

【TAROの日記】

2011/10/27(木) 08:38

もうちょっとで、50代になるので・・。

昨日、向こう5年くらいの時間感覚で、今後を考えてみた。

やるべきことが、たくさん出てきてくれてありがたいと思ったけど、もう全てを実行する時間はない・・と思ってしまった。
それで、一ヶ月後に50歳代に突入することにあらためて気づく。

それに気づいてみると、「守っちゃいけないな~」という気分が強烈に出てきた。
数年前のブーム(バブル)をうまくやりすごし、今日までフニャフニャとやってきて、まー、そろそろ、どうなんでしょ?なんて気分もあるにはある。しかし、そんな気分はイケナイナ・・と感じてきた。
まー、簡単に言うと、ここからもう一勝負・・なのだ。

ただ、勝負するには時間がない。
すでに、既存の仕事で時間はたっぷり取られている。
そこで、自ずと時間を作る作業が必要だとわかる。
今までは、能力を上げることで時間を作ってきた。おそらく、今の私は10年前の3倍くらいの仕事はできると思う。
しかし、このやり方では、今までの延長をトコトン行う以上のことは起きない。
そこで、時間の創出を生まれて初めて真剣に考える必要が出てきた。
これに、年を取って身体のメンテナンスが必要な状況になっていることも加えると、かなりキツイお話。でも、しなくてはならない。

当然、次の10年ないしは15年を見た仕事の組み立ても必要。無駄なことは極力排除しなくてはならない。
ただ、気づくのは無駄がないということ。あらためて客観的に自分の時間を見ると、濃縮液みたいだ。
すると、無駄という観点ではなく、意義という観点から考えることになりそうだ。

・・・なるほどね。と思った。
こうして、人って年齢にあったことにシフトしていくのだ。

ただ、そういう重要なところは一回置いておいて、基本はお祭り好きなので、来年は50歳記念行事を勝手に執り行う可能性が大。また、虫が起きてしまった・・。もしかしたら、それだけかもな・・?

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2011/10/26(水) 08:46

なんだかよくわからないが明るい兆しを感じる。なぜ?

えー、緊急連絡です。
ここ数年、後ろ向き発言が続いているワタクシ岡本ですが、根拠のない明るさを感じはじめています。
それも、感じはじめたのは、昨日くらいから・・。

そんなわけで、先週、『Dファク』(2.1、1.1)の方々にお話した対応策は、実行を少し待ってください。もう少し状況を見る必要があります。私自身は、まったく動きませんのでよろしくお願いします。

長い目で見れば、これからの流れに大きな変化はないと考えます。
したがって、ビジネスのやり方等の方針にも変更はありません。
ただ、ミクロで見ると事情は少しかわります。
そこら辺は、これから要観察になりそうです。

現在、私の頭によぎっていることを一言で言うと、「意外にも、構造に対する信頼は強い・・」という表現になります。もちろん、クリミア戦争などに代表されるような事態は十分想定されますから用心は怠れません。そして、その用心は、21世紀に生きる私たちが死ぬまで背負うものとなりそうです。
しかし、”そんなこと”を前提、土台にしながらも、「まだまだ」な感じがある・・・・・。そんな状況になってきたと見ています。

いずれにして、大きくナニカが変わったわけではありませんから、上記対応だけ留めておいてもらえば良いと思います(まー、やりたい人はやればいいけど・・)。

隠語が多く、わからない人にはわからないことを書いていますが、ご容赦を!!

【TAROの日記】

2011/10/25(火) 08:30

カメムシ大量発生

今年の田舎のカメムシは凄い!!!!!!!!

息子が、「A君の家の玄関には20匹くらいいるそうだ・・」と言うと、
妻が、「我が家の南の外壁には、カメムシがびっしりついているわよ」とのこと(私は、夜しか帰らないのでわからない)。

どうやって侵入するのかわからないけど、家の中にも10匹以上が、生息。ブンブン飛んでうるさい。
昨年までは、家の中にいても一匹くらいだったので、捕まえては外にいちいち出していたけど、今年は大量のため、捕まえては殺害してゴミ箱に捨てている。そんな家族の姿の違いにこっちが驚く。
何でも過剰なものの運命とはこんなものだね・・・。

でぇ、そのブンブン飛んでいるカメ君の姿は、UFOから派遣されたミニ偵察機にも見えてくる。
スピルバーグの映画に出てきそうなキャラに思えてくるのだ。
息子は、「その見方するだけで、ちょっとウザクなくなる。逆に、かわいく見える」と言っている。しかし、だからといって、放っておくと家中がカメ君だらけになるので、殺害しかない。むしろ、偵察機と見立てると殺しやすかったりする。

田舎の秋は、今年は豊作。
果物の収穫量が殺人的で、これも過剰だ。
取るだけできつい労働だけど、私は柿を10個ほど取っただけで、まったく家の役に立っていない。
柿は、上の方に軽く1000個はなっている。どうするんだろうね・・・・・。
妻の柿配りは、今が最盛期だ。
過剰なものの運命だな。

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップヘ