月別: 2011年7月
【TAROの日記】

2011/07/29(金) 07:17

フジロックに行ってきマース!!

すごーーーい雨です。
新潟県中越地方には、大雨警報。
それも、過去に災害があった時と同じ天気図だそうで、大変危険と解説している人も・・

しかし、そうは言われても、突っ込んでいくのが人間。
チケットも買ってあるし、ホテルも予約してありますし、そもそも1年間楽しみしてたのですから、行くしかありません。

本日は、DEERHOOFとロンセクに、なんと!リーペリーあたりがお楽しみ。
ミックジョーンズのバンドも、COLDPLAYを適度に見た後に見ようかと・・。
初日から、鬼のようなスケジュール。
どしゃぶりの山の中で体力は持つのかどうか?
ただ、個人的には、雨の山は好きなもので、なぜかワクワクしています。

さーて、行ってきますか・・・・・。

【TAROの日記】

2011/07/28(木) 08:46

内臓脂肪という”意味”

体脂肪率などを測る計測器の乗ったら、内臓脂肪が10と出た。
10点満点かと喜んでいたら、妻は2で、長女は1だった。
少しお腹の脂肪は出たとは言え、肥満レベルではないと認識している私は大ショック。

ところで、内臓脂肪とは何かを調べてみると、いろいろなホームページが物騒なことを書いている。
こういうのは、あまり気にする方ではないけれど、気分的にはイヤだ。

しかし、同時に、どこかで、はりきっている自分に気づく。
「内臓脂肪を少なくする」という目的ができたことを、どこかで喜んでいるのだった。
これほどに、何か”意味”が見つかることが好きなのか・・・と自分でも驚いてしまった。

人間が健康に生きるには、方向は重要だ。
だから、不健康も健康の役に立つ。皮肉だけど、これが真実ね。

【TAROの日記】

2011/07/27(水) 09:09

フジロックな気分になって・・。

今年は、お客様数名とフジロックをご一緒することにしたので、
興味の摺り合わせのために、見たいミュージシャンのたたき台を作ってみた。

もちろん、一緒に行っても、自由行動。
みんなで一緒に動く必要はない。
でも、一緒に楽しめるものは、一緒に騒げばいい。

書き出してみると、全31ミュージシャンにものぼった。
少し時間が重なるため、見るのが不可能なものあるけど、
とりあえずあげてみた。

一覧にしてみると、豊かさが実感できる。

BEERHOOFとトッドやフェイセズ、さらに、TINAIWENが一緒に見れてしまうってどういうことだろ?
でぇ、バトルズがグリーンで、恋人たちがヘブンというのも凄くないか・・。
蓮くんなんて木道亭で見れたりする・・・。
ケミカルを見てから 、ウィルコに走るなんてことも一応可能(おそらく、道が混んで不可能)。

今年は、サマソニもそうだけど、贅沢だ。
いつも贅沢だけど、さらに贅沢だ・・・・・・・・・。

何があっても日本は豊かだ。
ありがたい。
そして、その豊かさを味わえる。

もちろん、今の日本は、いろいろなものに過剰反応をした景色があって、物騒でもある。
私が日本で物騒に思うのは、起きている事件や状況よりも、人々の感情的反応だ。
こちらの方がとても物騒で、その物騒さは、政治家以上に日本を間違った方向に導くのではないか・・と思っている。

少し目を開けば、豊かさがたくさんある。
その豊かさは、私が努力して得たものではない。
多くの日本人の努力の賜だ(当たり前のことを言っちまった・・)。
その豊かさを味合わせてもらうこと、その価値から考えたい。
今ある価値を無視した物言いは、どうも気分が悪くなる。

そんな気分を晴らすことも含め、フジロック3日間参戦してまいります(あさってより)

【TAROの日記】

2011/07/26(火) 08:36

化けの皮

朝から、自我肥大して、バカなことをやってしまった会社の
後処理の話が入ってくる。

経過を聞いてみると、本当にバカなことをやっている・・という内容。
しかし、こういうことをしてしまうのが人間のようだ。

ちなみに、こういう話は珍しくない(中身を言わずに、”こういう・・”というのはおかしいけど・・)。
世の中のちょっと派手な話の後ろにはよくついていまわる話だ。

世に言う”大物”とか”カリスマ”とか”スター”とか言われていることの後ろ側なんてしれている。
そう言えば、私もフォレスト出版から本を出した時に、”カリスマコンサルタント”などと冠をつけられたけど、
あーいうのは本当に困る。おかげで、周辺のお客様から、からかいの道具として、使われる始末。

自分で”カリスマ”とか言ってしまう慌て者が多いのが今の世の中。
そして、それを自分で言っているか、出版社が本を売るために言っているか、自然発生的に言われるようになっかたはわからないんだから、本当に困ったものだ。

まー、グチはいい。
本筋に戻ろう。
「化けの皮が剥がれる」という言葉がある。
とても良い言葉だと思う。

ただし、「化けの皮」は見る者が見れば、いつも剥がれている。
しかし、時々、誰から見ても剥がれる状態が来る。
剥がれると、誰だって「ナンデーぇ」と思う。
大したことないのだから、当然だ。
そもそも、大した者というのは、簡単には、私たちの目の前には現れないものなのだ・・。

【TAROの日記】

2011/07/25(月) 08:42

簡単な答えだけど・・

私たちは、努力をしなくてもできることがあることを認めないといけない。

でぇ、努力をしてもダメなことがあることも認めなくてはいけない。

そして、努力をすると、新しい世界が広がる場合があることも認めなくてはならない。

しかし、これを認めても、対応は案外難しい。

努力しなくてもできることには、人は価値を感じないし、

努力してもダメなことに縛られるのが普通だし、

新しい世界が広がる手前で諦めるのも常だ。

さらに、努力してもできることに、あぐらをかいて、バカになるケースもある。

じゃー、どうしたらいいのか?

実は、答えは簡単だ。

努力の方向を変える。

おそらく、これが答え。

なんだ、当たり前ジャン!と思うなかれ、これは、結構深いと思うよ。

私は、子供の頃から、あるジャンルでわからないことがあったんだけど、
この間、それがわかってしまった。
努力してもできなくて、縛られていた典型的なお話が、ついに解決・・したのだった。

でも、それがあまりにも簡単な話で、トホホ・・・・だった。
単に、暗記をすれば済むことだったのだ(ある本にインスパイアされて気づきました)。
暗記さえすれば、わかる・・・そういう類のことだったのだ。しかし、このことに、30年近く気づかずに、難しい・・・と言っていた。
おそらく、世の中には、こういうことが多いと思う。

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップヘ