月別: 2011年6月
【TAROの日記】

2011/06/30(木) 09:10

飲食店

東京事務所近くの飲食店が一店なくなった。
数日後には、別の飲食店が居抜きで入った。

産業革命後、大衆はいつも勝ってきた。
低価格で食事を提供する飲食店の増加は、大衆が王様の例である。

いつも自営業者は大衆にサービスを提供して疲弊。
それでも代わりがいるから、大衆にはバリエイションが次々に出てくるわけでうれしい。

・・・というような型が終わるかもしれない。
右肩上がり時代のモデルを低成長時代にも続ける努力には恐れ入るが、震災後は難しいだろうな・・。

もちろん、大衆を最初からブロイラーのように扱う超低価格店は、これからも繁盛?

昨日、会社の飲み会で、テーブルに牛肉のさしみが出てきて食べるのに躊躇した。
そんな自分を確認しながら、その飲食店の勘違いな料理の数々を少しずつ食べた。

こういう大衆をお客と思いながら、しかし、どこかでブロイラー扱いしている中途半端な店はダメになる典型だな・・。

【TAROの日記】

2011/06/29(水) 08:42

俗説と般化

『プレジデント』に、ある税理士が、
お金持ちは長い財布を使っていると言っている記事があった。
本もあるらしい。

本は読んでいないのでわからないが、
この『プレジデント』の記事は、よろしくない。
典型的な”般化”だ。
これを「税理士」という肩書きの人が言い放ってしまうってのはどうなのか?

玄米を食べると、放射能が身体から出るという俗説が広がっている。
おそらく、根拠はない。しかし、俗説だからいい。

「般化」には、一部真実がある。
主張する税理士の身近には、そういう人がいるのだ。
しかし、一般化してはいけない。
さらに、こういう件では、プラシーボも期待できない。

玄米の俗説には、事実はない(と思う)。
しかし、プラシーボは期待できる(笑)

実に、皮肉なことに、「般化」の方が罪が大きいと思うのだ。

・・とはいうものの、世の中は、こうした幼稚なお話ばかりだ。
騒いだってはじまらない。こういう話がお好きな人には、それでいいじゃないかい!

般化した税理士さんの意図もそこにはないのだとで思う。
記事はいけないが、本の方は、あいかわらずのタイトルだけだと思いたい・・。

【TAROの日記】

2011/06/28(火) 01:45

医者に行って拘束時間4時間

手のしびれを直しに整形外科へ。
まー、こんなところに行ってもすぐには直らんのはわかっているうえに、
拘束時間4時間。死んだ・・。
神経内科にも行こうと思ったけど、無理・・。

仕方がないので、不安のまま過ごすことにする。

しかし、予感では、首の牽引で直りそうな感じはする。

パソコンを打つのにも困るのでまいった。

しかし、これから、こうした身体の症状との戦いも時間が必要になるんだろうな~。
前向きなことにばかり時間を使えないのが悲しい。
だから、さらに選択をしないとね!

【TAROの日記】

2011/06/27(月) 10:22

んー、時は、怒濤の勢いで過ぎて行くだよー

ヴェネチア、クロアチアの旅を終えて、
そのまま東京で仕事三昧。

やっと、家に帰ってくれば、仕事の山。

そして、身体は疲れている・・・・・・・・・。

なのに、昨日は、家で大酒。

そのため、今は二日酔い。

それでも、時間は怒濤のように過ぎていく。

最近、やりたいことと自分の命の長さの競争が人生なのだと気づく。
やりたいことはたくさんある。
やらないわけにはいかない。
しかし、自分の機能は持つのか?
そして、自分の残された時間の中でやりきれるのか?

結果は、見えている。
だから、やることを厳選しないといけない。
それを意識するべき時期が来たみたいだ。

おそらく、この状態になるために、今まで走ってきたんだな。・・と思う。

んー、悪くはない・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2011/06/09(木) 03:44

明日より・・・・・、どこ行くんだっけ?

本日は、面接と明日からの準備にバタバタしてしまい、ブログを書き忘れました。

明日から20日まで海外。
21日から24日が国内出張なので、当分、ここには書けません。
それほど見ている人はいないと思いますが、あしからずです。

ところで、一昨日まで、私は明日から行く海外の行き先を勘違いしていました。
なんと、いい加減なのかと・・・・自分でも呆れてしまいましたが、今もあまりわかっていません。

レースの後遺症で、だいぶ疲れていますが、行って参ります。
では・・。

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップヘ