月別: 2011年4月
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2011/04/28(木) 10:11

(ベタな表現で)宣伝

んー、前の歯医者に不信を感じて、
事務所からカンバンの電話番号が見える(どう見ても、ボクに来てチョ!って言ってる)歯医者に変えたんだけど、
言われることが全然違う。

前の歯医者は何だったんだ。

・・と今医者から帰ってきて思う。

専門家にはよくあることだけど、
宣伝がうまい奴は気をつけないといけない。

腕と宣伝がどっちも良いといいんだけど、
良い職人は、一般的に宣伝が下手だ。

でぇ、そんなことは十分わかりながら、
やっぱりホームページの内容が充実している方に行ってしまう。仕方がないよな・・。

また、口コミも難しい。
口コミするのは素人。評価はいい加減というのは、みんながグルナビで思い知っていること・・。

ところで、当社も専門家集団。
実は、税理士もコンサルもそれほどの宣伝はしていない。
コンサルの方は、調整型。
うまく調整しながらやっている。つまり意図的。

しかし、税理士の方が、時々、イライラする。
職人的で、洗練されてなくて、その場限り。
過去にボクが引いた線路に乗るだけ。

じゃー、おまえが・・ということになるところだけど、
私は忙しい・・。お客様のサポートで手一杯。

そしたら、エーアンドパートナーズが、あうんのお客になると言いだした。
だから、ちゃんとマーケティングのアドバイスをしろ・・だそうだ。
なるほど、それならやる気になる。

経営者として命令するよりも、いいかもしれない(お金ももらえるし・・)。

そこで、最初のアドバイスであり、指令。

「自分たちが、最高のサービスをしているという自負は捨てよう。そんな自負があっても世間様は知らない。ボクが歯医者で痛い思いをしたように、私たちの専門世界でも、痛い思いをしている人はたくさんいる。そんなことは、十分見てきたじゃないか。だから、もっと、貪欲に宣伝しよう・・。私たちは、これができます・・と胸を張って言おう」

なんて言うことからはじめた。
でもね、やっぱり、専門家は、胸は張っても、積極的に宣伝するものでもない・・とも思っている。ココが難しいよな。

【TAROの日記】

2011/04/27(水) 08:27

私の中の「意味」が未来を作った(る)

子供達と必見のマンガは何かで盛り上がる。

単純に面白いということではなく、
エポックメイキングという意味になると
案外、グロイものが中心になるかな?ということになった。

『カムイ伝』とか『AKIRA』とか、
『デビルマン』とか『妖怪ハンター』とか・・・・・・。

これって、映画や芝居でもそういう傾向があるよな・・。

グロイと言えば、
『アンチクライスト』を見た時に、
いたたまれない気分になる映画を挙げるなんてことをしてみた。

『ソフィーの選択』とか『西部戦線異状なし』とか
『伝説巨神イデオン』とか『フルメタルジャケット』とか『第七の封印』とか・・・・・。

『ソフィーの選択』なんて、
独身の時でも、後遺症が酷かったけれど、
子供がいる今見たら、どうなるんだろ?

全然、話は違うけれど、
息子が『レッツラゴン』を絶賛しているのはうれしかった。
おそらく、赤塚不二夫の最高傑作。
しかし、世間は、このマンガを評価しないようで、今はすべてを読むことができない。

『アゲイン』と『レッツラゴン』が連載だった当時の『少年サンデー』は
光っていたな〜(私は小学校3年だったと思う)。

そして、その後、『レッツラゴン』のナンセンスさは、
『少年マガジン』連載中の『天才バカボン』に伝染。怒濤のピークを迎えるのだった。
右手を骨折したと言って左手で書き、翌週、左手も骨折したと言って、足で書いたマンガなんて、あり得ないよな・・。

ところで・・・・・。
これらは、私の頭に保存されている「意味」の一部だと思った。
誰だったか、その「意味」が未来を作ると言った(カスタネダか?)。

小学校3年生の私が『レッツラゴン』で知った「意味」は、”おきてやぶり”。
後期『天才バカボン』は、その応用。

『アゲイン』で、躁的気分とその後の反動を知り、
『ソフィーの選択』で、選択を迫られるのは人生の負けと知り、
『西部戦線異常なし』や『デビルマン』で、なぜか実存的な気分になり、
『気狂いピエロ』で、夕方の海が好きになった。

そんな私の「未来」は、今・・・・・。
ちょっとわかるような気がする。

そして、今の私は『サムフエア』にドキッとし、
『ポンヌフの恋人』を20年ぶりに見て、居ても立ってもいられなくなり、
『アンチクライスト』の後遺症の中で、なぜかニーチェを意識する。

んー、それが私の「未来」を作るのか?
けっこう冒険的じゃないかよ!

【TAROの日記】

2011/04/26(火) 08:25

点ということを考える

数時間の出来事だったけど、
先々週に参加した31年ぶりの同窓会は鮮烈だった。

なんてたって、31年ぶりというのが良い。
たまたまとは言え、すごいセンスだ。

おかげで、50歳になる前のイニシエイションになった。

31年というのは、誰もがある程度の結果を出した時点になる。

まったく結果がない者たちがバラバラに散開して、
31年ぶりに結果を持ち寄る。

その持ち寄りは、言葉にする必要はなくて、
それぞれの姿形の中に全てが畳み込まれている。

そして、他者の目から自己が見える。
面白いと思った。

同時に、それは上巻の終わりでしかない。
ソダーバーグが、チェ・ゲバラを2本の映画で描いたように、
塩野七生が、ベネチアを2冊で描いたように、
物語は、話を切る時点で景色が変わる。

31年ぶりという時点は、あくまでも点でしかない。
・・というか、いつでも私たちにあるのは点でしかない。

点は、やさしくて冷徹だ。
短いようで長い。
そして、点と言いながら影響力は大きく長い。
しかし、点は維持もできれば放棄もできる。

結局、点には、すべてが畳み込まれている。

31年ぶりの次は、おそらく、早めだろう。
2-3年もすれば再び集まる・・などという話になりそうだ。

しかし、本当ならば、もっと長い方が良い。
その方が純粋な点の確認ができる。

まー、それはそれとして、風邪ひきだった私は、誰とも連絡先の交換もせずに
一次会で帰った。それもある面よかった。
しかし、昔のクラスの奴らくらいは、連絡先を聞いておけば良かった。
おそらく、相当な情報交換が可能だもんな・・と後から少し現実的になったりもした。

もし、これを見ているクラスメートがいて、その気になったら、連絡でもください。
・・と言いながら、また30年後かもね・・。

【TAROの日記】

2011/04/25(月) 08:29

より小さく狭く、より本質的に、より退屈で・・

地獄の出張だった。
風邪をひきながら出かけていって、悪化。

昨日は、久しぶりに山に行く予定だったけど、それも中止。

そんな内向的な気分になりやすい状態にあるからなのか、
身体的な気分が、より狭いものを求めている。

もともと広がることが嫌いな性格なので、
突然気分が逆転したわけでもない。

しかし、さらに狭いところを求めている。

住友総理事だった伊庭貞剛の
「わからぬ者には、いくらいってもわからない」
という言葉を大学時代にメモして、今も眺めている私である。

伊庭の言葉は好きなものがたくさんあるけれど、
好きな傾向は、この手の言葉にある。
そういえば、釈迦にも同様の言葉があった・・。

この言葉は悪く解釈すれば傲慢だ。
でも、そうではない。
だって、「わかる者には、いわずともわかる」という言葉とセットだから・・。

今の時代(昔もか?)、ムダが多い。
マスコミの言葉がキャンキャン声に聞こえるのは当然としても、
そこらじゅうに、ムダな言葉が溢れる。

それがだんだん嫌になってきていて、
人の前で話している自分にも嫌気がさしてくるんだな・・。

でぇ、それが嫌ならひきこもるしかない。
時代的には、ひきこもりに適した時代でもあったりする。

くだらないものは避けようがない。
自分がくだらないものになることを避けることもできない。
でも、それを減らすことはできる。

だから、時代のキャンキャン反応やら偉そうな言説から
身を遠ざけることは悪くはない。

「わかる者には、いわずともわかる」なのだから言う必要もない。

全ては、確認作業でしかないのだよ。

・・という気分になったので、
「適度なところ」の水準を下げたいな・・と思う。

おそらく、今は、まだ上がりすぎているんだよ!!

どうせ、来年は嵐。
嵐に備えるという意味もあるな・・。

【TAROの日記】

2011/04/17(日) 08:51

日曜ですが、これから出張。

・・でぇ、いつものように1週間帰りませんので
ブログはお休みします。

金曜日に書き忘れたので、一応書いておきました。

ところで、昨日、同窓会があり出席しました。

懐かしい人にたくさん会えて面白かったです。

別に今は親しくしてない奴でも、
「よー」と声をかけて、好きなことを言えるのが
不思議でした。
子供の頃の「時」の共有というのは凄いなーと思いました。

このブログを見ているという変な人もいたので、
「まいったなー」と思いました。
なんだか、書きづらいです。
でも、これも、不思議です。
別に、昔クラスメートだったというだけで、
どうして書きづらくなるのか?
変ですね。

そういえば、参加者のみなさまと話をしていて、
今の自分の環境の特殊性も感じました。

わかってはいましたが、やっぱり変です。

昔のクラスメートからは、
「あんたは、昔、変だった」
と言われましたが、
おそらく、今の方が数倍変で、不思議のはずです。

その点で、「ことば」に困りました。
「ことば」って背景が違うと、まったく使い方に困る代物です。

でも、楽しかったですね。
何なんでしょう?
この不思議な感覚。

さて、東京に出かけますか・・。

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップヘ