月別: 2011年3月
【TAROの日記】

2011/03/31(木) 07:27

日常という幻想

この間、テレビで栗本慎一郎を見た。

昔は、よくテレビに出ていた人だったので、
「あれー」と思った。

知らなかったけど、病気のために、
仕事ができなくなったらしい・・。

凄くパワフルな人だったから、
テレビの彼の姿は痛々しかった。

彼と岸田秀の対談で、
“日常性”についての会話がある。

栗本慎一郎の
「日常性が幻想だということですね」
という問いに、
岸田秀は、
「そうです」
と答える。

その対談の場にいたわけではないけれど、
私は、この対談の場面が好きだった。

そんな場面を若い頃に見て(?)しまったからか、
日常性をどうやって補強するかが、私の興味の一つだった。

おそらく、私が書く文章や本には、
この考えが根底にあると思う。

私は、幻想だからこそ、日常性の補強の必要性を感じた。
そして、それは、わずかな補強で、ある程度可能だと思った。

しかし、やっぱり、日常性は幻想だ。
今回、私たちは、それを思い知った。

でも、私は思う。
それでも、次の日常性は、その前の日常性の中にある。
その前の日常性の中の補強が次を決める。

次の日常性がはじまる。
前の日常性は壊れた。
もうない。
ここに気づいていることが重要だ。

しかし、周辺を眺めると
二手に分かれている。
まだ、壊れた日常を幻想する人は多い(被災地でもないのに・・)。

日本人の文化から、イニシエーションが少なくなってしまったことに
原因があるのかな?

それとも、前の日常性の中に補強がなかったからか?

次の補強がはじまる。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2011/03/30(水) 08:36

昨日の『まーけ塾』

巨大地震が襲ってから、
今後の動きと対処法、歴史的な見方なんぞを
思いつくままに話してきた。

昨日の『まーけ塾』は、その集大成みたいな内容になった。
参加者の中には、勘が良くて、すでに私なんかの見方と同じ
ものを感じて行動にうつしている人もいたので、
説得力あった。

会場の雰囲気は、
震災後遺症が残る抑うつ系の人が、
目覚めざるを得ない明るさでもあったね(毒がモリモリ)。

被災地は、マスコミ報道以上の景色、惨劇だろう(本当に心が痛む)。
「日本」という言葉を連呼するこの国の方向も危うい。
原発だって、わからない。
そして、情報量の多さからか、一般人は低脳化中。

悪い方向への大きな動きは止まらないと思う。

しかし、私たち一人一人には、間違いなくチャンスだ。
そろそろ、桜も咲く・・。

追伸
昨日の内容は、普遍的な部分が多いのと、
震災シンドロームの方々に捧げるため、
現在、一般販売を検討中です(VIP会員の方には、有償配布を考えています)。

【TAROの日記】

2011/03/29(火) 08:37

自粛

娘の大学の入学式等々自粛。
楽しみにしていたライブが数本中止(延期)・・・。

そんな戦中の雰囲気の中、
野田秀樹の『南へ」は勇気をもって予定通りに上演している。
上演前の野田秀樹のアナウンスが感動だ!!

現在、私たちは、
映画や芝居などで見てきた戦争中にあった景色を経験している。
あの時も、「自粛」という言葉が踊った。

被災地に対して、できることをする。これは日本人ならば誰もが持っている気持ちだろう。
しかし、それが「自粛」という行動に出るのはよくわからない。

私が為政者ならば、桜の開花は利用する。
そこで、自粛をやるようではダメだ。
「早い回復」などと口では言うが、
誰にも文句を言われないように、無難に過ごす気持ちしかないのだ。

為政者の「無難」(=保身)が、日本をアメリカとの戦争に突入させた。
無難なことって、何も生まないどころか、世の中や自分を悪い方向に持っていくものでしかない。

追悼の気持ちはある。
しかし、それと自粛は別だ。
自粛は、単なる保身でしかない。
「がんばれ、日本」的なアナウンスが飛び交うけれど、
こんなんじゃダメだ・・。
本当に、ガンバルならば、まず保身をやめないといけないよな・・。

【TAROの日記】

2011/03/28(月) 08:37

「・・・・・・べきだ」に違和感

Twitterにあげられる数々の「・・・べきだ」発言。
多くは政府や東電、そして、私たちに発せられたもので、
そのツィートに、「そうだー」という反応も多い。

まー、そう思う人が素直にしている発言なわけで、
批判なんて私にできませんが、
すごーい違和感があるのも事実。

まずは、これは私個人の問題。
私は「・・・べきだ」の人たちが基本的に嫌いで、
どんな良いことを言ってたって、聞く耳を持たないのだーぁ。

でぇ、この告白で、ひとまず勝負は終わるけど、
「まずは」と書いたので続ける。

もう一つは発言している人の問題。
私は、ほとんど、「・・べきだ」という言葉は使わない。
そんなものフィクションだと思っているから。
そして、私の周辺にもいない。
時々、「・・・べきですか?」と質問系で言う人はいるけど・・。

そういう人には、
「そんなことありません」
「そう思うならそうしたら」
「どっちでもいいんじゃない」
というクリシェが用意されていて、
いわゆる、こういう会話は儀式でしかないとみんなで認識がすんでいる。

言いたいことは、
ある程度、普通の人は「・・べきだ」なんて言わないんだよ。と思う。
私の妻なんて、学校の先生が子供相手に「・・べきだ」と言ってても
違和感感じてるもんな(少し極端だ)。

まー、しかし、こういうことを書くのは、
私自身が「・・べきだ」が嫌いという上記最初の理由が原因だろうから、
やっぱり、私の問題だ。

しかし、これは便利だ。
リスク管理になる。
あまり書くと問題発言になるから控えるけれど、
これはリスク管理になる・・。
ありがたいことだ。

・・こんなことを書きながら、
私は、1933年のドイツが浮かぶ。
あの時、ドイツ人が「・・べきだ」と言っていたのは想像がつく。
そして、その一番声が大きかったのが、ナチスなんだろうな。
彼らは、国民の「・・べきだ」を利用した。
大きな大きな超自我が時代を支配した。

私の「・・べきだなんて大嫌い!」も、しょせん超自我。
どっちにしたって、みんな支配されている。
時代は、そういうものも見せてくれることがあるんだなーと一人感心。
歴史って、面白い。
私たちがちゃんと主役になる局面ってあるんだもんな。

【TAROの日記】

2011/03/22(火) 08:32

今日から、ラド・・、ちがった東京出張

おはようございます。
Twitterで問題発言を少々させていただいていますオカモトです。

今日から出張のため、またまたブログはお休みします。

出張先は毎度毎度の東京です。
今なら、適度な放射線で、健康になるかもしれないので、
ひさしぶりに出張が楽しみです(この手の問題発言が好きになっています)。

しかし、買い占めに代表される過剰反応には困りました。
毎朝、納豆を食べることにしている私が、
もう何日も納豆を食べていません。

政府はウソを言っている系の陰謀論的過剰反応にも
まいりました。
こんなに世の中アホが多かったのかと
あらためて厭世的気分になっています。

政府も政府で過去の反省が過剰に行き過ぎて、
少し情報開示に勇み足を感じます(まー、仕方ないか・・)。

「魔女狩り」もあいかわらすで、
まだまだ、火の手は上がりそうです。

デマの流れ方が、コピペ、リツィートのおかげで、
あまり深刻になっていないのは21世紀的で少しうれしいです。

これから、
まだまだ、陰謀論的なデマ、外人からみのデマ、
スピ系デマなどが、あちらこちらから発火し、
嫌らしい魔女狩りも続くでしょうが、
まー、それでも日本は素晴らしい国です。

 ※スピ系=スピリチュアル系

予算の問題はありますが、
復興は神戸よりも早く進むと考えるのが常識的でしょう。

問題は、原発ですが、
これについては、ガンバレーとしか言えません。
大きな問題が起きてしまえば、当分、日本は終わりです。
でも、市場の反応はそれほどでもない。
リスクマネーの判断を私は信じようと思います。

さて、明日から連チャンでDファクです。
メンバーには個別メールでビッグ・ピクチャーは示させてもらいました。
明日からのDファクでは、その背景を語りつつ、
情報の整理とこれからの各自の対処を考えたいと思います。
なんだか、突然、重要な1週間になってしまいました・・。

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ