【無理に哲学】

2010/02/26(金) 06:14

ゲーム3

心は機能であり、

それが空想やイメージを

作り出す。

   (F・パールズ)

***********

でぇ、ゲームも
そんな機能から起きるわけですね。

私が最も憎むゲームは、

青年将校たちの
「私って凄いでしょ!」ゲーム。

※青年将校については、twitterを参照してください。

「ゲーム3」へのコメント(4件)
  1. >ジョン・フォン・ノイマンおよびオスカー・モルゲンシュルテンは、経済学周辺のたんなるつけたしとしてゲームの理論を構築したのではない。それどころか、彼らはこう考えていた。つまり「経済行動の典型的な問題は適切な戦略ゲームの数学的概念と厳密に一致している」
    上記はモートン・D・デービスの『ゲーム理論入門』の序文です。1969年に書かれたこの本を、読んで直ぐに思った事は、「ゲーム」というものを一面的にしか見ていなかったということでした。

  2. 崎村敏江さま
    きわめて重要なご指摘のような棄がしてなりません。ついては、もう少し詳しく教えていただきたいことがあります。
    >上記はモートン・D・デービスの『ゲーム理論入門』の序文です。1969年に書かれたこの本を、読んで直ぐに思った事は、「ゲーム」というものを一面的にしか見ていなかったということでした。
    の中で、
    1:読んで直ぐ思ったのは、いつですか?
    1969年当時でしょうか、それとも、ワリと近年でしょうか?
    2:「ゲーム」というものを一面的にしかみていなかった
    のは、誰でしょうか?
    崎村さまご自身でしょうか、それとも、モートン・デービスでしょうか、それとも、ジョン・フォン・ノイマンおよびオスカー・モルゲンシュルテン・・・。
    上記の質問の答えで、序文の意味合いが変わるし、また、タロー氏の「ゲーム」の色合いも変わると思えてならないのです。
    よろしくお願い申し上げます。

  3. 大閑道人さま
    ご質問を頂き、有難うございました。大閑さまの疑問を踏まえて、お話をさせていただたいと思います。
    まず、私が「ゲーム」について興味を持ったきっかけは、ちょうど一年前の2009年2月、岡本さん大推薦の森巣博著『神はダイスを遊ばない』を読んだ事が始まりです。ところで、以下の森巣さんの言葉を注意して読んで見て下さい
    人は負ける。いつかどこかで、必ず負ける。敗者となる。これは必然。大切なのは、その負けを、いかにして「打たれ越」すか、という部分なのだ。(中略)打たれ、打たれ続けながら、打たれ越し、一本の勝負手に勝利を収めれば、それで辻褄はあうのである
    常打ち賭人として、カジノを攻め続けてきた森巣さんの言葉は、それだけで凄いのですが、この言葉が、ある理論と源流を同じくしている事に、2009年5月に出会ったM・Dデービス著「ゲームの理論入門」で、私は気づくことになります。ある理論とは、ジョン・フォン・ノイマンの「ミニマックス定理」です。
    ところで、「気づいた私」が、「気づく前の私」の「ゲーム」の捉え方を「一面的」と記したのは一つの表現方法でして、物事は源流に近寄ろうとすると、想像もしなかった風景に出会うことになって「これが、私がいままで見ていたものだったのか?」と何度も目をこすることになるという話です。
    いかがでしょうか?大閑さまの質問の回答になっているでしょうか?

  4. 崎村さま、ありがとうございます。
    まず、引用の森巣氏の言葉に、圧倒されました。全戦全勝を望まない、という基本姿勢に、圧倒されました。
    次に、私がどこに疑問を感じたのかも、知りました。
    つまり、「ゲーム」に含まれているものを
    1:囲碁・将棋・テニスなどの一対一対局ゲーム
    2:トランプのひとり占いやテレビゲームなどの、単独ゲーム
    3:野球やサッカーなどの、団体対抗ゲーム
    4:鬼ごっこやかくれんぼなどの、集団ゲーム
    といった分類に指向が流れて、そこから判断していた、ということでした。
    後々見ると、バカな質問をしたものだ、と恥ずかしくなりました。
    まことに、お手数をおかけしました。
    そして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
ページトップヘ