月別: 2009年9月
【無理に哲学】

2009/09/30(水) 04:46

心の本質は、池の水のようなものです。

嵐で水がかき乱されれば、

池の底の泥が浮き上がって水を濁らせます。

しかし、水の本質は汚いものではありません。

               (ダライ・ラマ14世)
*******************

似たようなテーマで、確か、西田幾多郎の詩が
あったと記憶しています。

あの詩の表現がいいんだよな・・。

【無理に哲学】

2009/09/29(火) 05:27

逃走

必要なら、その相手から逃げることが

最も賢い方法かもしれませんね。

遠くまでね!

       (ダライ・ラマ14世)
***************

ここ数日のダライ・ラマ14世猊下の
言葉は、『抱くことば』からの引用です。

したがって、
この言葉が出た状況はわかりませんが、
この言葉が効きますね・・。

宮部みゆき『名もなき毒』のテーマもここかな?

ノストラダムスの予言に「逃げよ、逃げよ・・」
というフレーズがあったな・・。

現代は、そんな「逃げよ、逃げよ」の時代かも?

【無理に哲学】

2009/09/28(月) 04:51

欲望

何かを欲するということ自体はニュートラルで、

良くも悪くもない自然なことです。

もし私が何も欲しなければ何も起こらないし、

独創力も生まれません。

「生きる」ということも、欲望の一つです。

          (ダライ・ラマ14世)

******************

しかし、問題は、その「欲望」の中身です。

今の多くの日本人は、何を欲しても独創力は
生みません。

多くの哲学者が指摘した
「人が欲しいモノが欲しい」
の呪縛の中で、欲望しているからです。

こうした欲望に独創力なんてあるわけはありません。

だから、一度、欲望を捨ててみる方が、
有効である可能性はあります。

・・と言うか、きっとそうです。

【無理に哲学】

2009/09/25(金) 05:14

苦しみ

私たちの苦しみの多くは、

私たちが考えすぎることに由来します。

      (ダライ・ラマ14世)

****************

釈迦以来、この言葉がどれだけ語られたことか・・。

しかし、
それでも、人は考えすぎる生き物です。

”恐怖”というテーマは、深いですね。

【無理に哲学】

2009/09/24(木) 04:18

忙しい

あなたたちの世代の日本人は忙しすぎやしませんか?

忙しすぎて自然が何かも知らないのではないですか?

ハハハハハ。

                 (ダライ・ラマ14世)
**********************

5連休が全部仕事だった私には耳の痛い話です。

でぇ、
忙しすぎて、自然がわからない・・というよりも、
病気なんです。
恐ろしいほどのドライバがかかっているんですよ>猊下

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページトップヘ