月別: 2009年7月
【無理に哲学】

2009/07/31(金) 04:50

やり直した仕事・・・・・・・

わたしは、

あなたを

知っているけど、

あなたは、

自分を

知らない。

  (マリアンヌ役のアンナ・カリーナ)

****************

彼が、自分を知ることになるのは、

死の瞬間なわけですが、

この映画のスリリングさは、そこにあります。

この間、セミナーのために、久々にDVDで見ましたが、

翻訳がダメダメちゃんでした。

昔のロードショー時の翻訳で、
この映画が2度と見れないとしたら、
それは日本人の損失です。

ちなみに、
引用した翻訳は、新翻訳(昨日も)。

6月くらいに一回引用したのは、旧翻訳です。

実は、DVD化は、こういうことも起こしている。
これは、罪ですね・・。

ここまで言い切るのは、
あまりにも、あのラストシーンの翻訳が、
お話にならなかったからです。

話を戻して・・・・・・・。

結局、この映画の本質も、

私を含めて誰もわかっていないんでしょうね・・。

※この映画というのは、もちろん『気狂いピエロ』です。

【無理に哲学】

2009/07/30(木) 04:48

観光客

今日は、
二日前の引用を繰り返します。

**********************

観光客は、

現代の奴隷だ。

   (フェルディナンド役のジャン・ポール・ベルモンド)

***********************

秋くらいに出る私の本って、

結局、これがテーマかも?

ゴダールは『気狂いピエロ』の中で、
うまく語っていますな・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2009/07/29(水) 05:11

人口

今回、ペルーとエクアドルに行ってきました(昨日も書きました)。

記憶では、
ペルーの人口が2400万人。
エクアドルの人口が1200万人。

もちろん、豊かなのはエクアドル。

皮肉なことに、最初から有利なエクアドルには、
石油がある。

世の中なんてこんなものです。

そして、
日本の豊かさが奇跡であることが実感できました。

帰ってきた朝、
『サンデープロジェクト』で、
政治家たちが、雇用の不平等について議論をしていました。

こんな政治家が、今度の選挙でも選ばれる・・・・んですね。

感情論なら、主婦に任せておけばいい。
人口1億人を超える国の運営は
テレビでずれた発言をする彼らには無理です
(私にも無理ですけど・・)。

彼らは、世界中を旅していると思いますが、
何を見ているのでしょう?

そんなことを
最も感じた旅でした。

ところで、
ペルーで生まれた楽器カホンを見ることがないのは不思議でした。
スペインやキューバでは、よく見る楽器なのにどういうことでしょう。

あいかわらず、フォルクローレのペルーは、
ちょっと鎖国気味なのかも?

国力があまりないので、
出て行くものは出て行くけど、
入ってくるものは少ないのかもしれません。

んー、
経済は、こういう部分に現れるんでしょうね・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2009/07/28(火) 05:02

価値

今回、ペルーとエクアドルに行ってきました。

一応目的地はマチュピチュとガラパゴス。

私の印象は、
上まで、バスで行けるようになっているマチュピチュには感動を覚えず、
一定の不便さを維持しているガラパゴスが良かったです。

ちなみに、
一日に400人しか入れないワイナピチュに朝4時起きで登りました。
マチュピチュの上にある空中都市は、天空の城ラピュタの元ネタを思わせるたたずまい。
&歩いて登ったので価値がありました。

ワイナピチュに登って、
マピュピチュの観光化には、
なおさら残念な気分が残りました。

*************
観光客は、

現代の奴隷だ。

  (映画『気狂いピエロ』より)
*************

まぁ、そういうことなのでしょう・・。

【無理に哲学】

2009/07/27(月) 05:32

選択

ガラパゴス帰りで疲れているので、
今日は、久々にゲーテです。

んー、
日本に帰ってきたような気がしてきた・・。

***************
今日できないようなら、

あすもだめです。

一日だって、

ムダに過ごしてはいけません。

         (『ファウスト』より)

***************

とりあえず、時差ボケです。

ところで、
こんなことをゲーテに言われて
私はどうしたらいいのでしょう。

とりあえず、12日ほどをムダにしました・・。

その前に、

選択という問題があるな・・。

そういう風に考えるようになったのは進歩?

ゲーテに逆らうのは、何ですが、

どうも、こういう言葉は、高校生向けだということでしょう。

大人は、選択の問題の方が大きいと思う。

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップヘ