月別: 2009年6月
【無理に哲学】

2009/06/30(火) 05:44

大衆嫌いゲーテ版

本日は、
「大衆、大嫌い」(by立川談志)のゲーテ版です。

***********
大衆に仕える者は、

あわれむべき奴だ。

彼は散々苦労したあげく、

誰からも感謝されない。

  (『格言的』より)
************

この言葉は響くな~

【無理に哲学】

2009/06/29(月) 05:39

価値観

君の値打ちを楽しもうと思ったら、

君は世の中に価値を与えなければならない

      (先週に引き続き『格言的』より)

******************

付加価値問題は、私周辺では、
いつもホットな話題です。

付加価値を生めるのは、人間だけですからね。
(・・いやいや、植物はもっと凄いですね・・)

そこで、

価値ってナニ?

という疑問が出るのですが、
それをブログで勝負している時間はないので、
ここは、あえて曖昧にしておきましょう。

【無理に哲学】

2009/06/26(金) 04:36

我慢

世の中のものは

なんでも我慢できる。

しかし、幸福の日の連続だけは

我慢できない。

          (『格言的』より)

*****************

これは至言です。

何も言い返す言葉はございません・・。

【無理に哲学】

2009/06/25(木) 05:16

バカと賢者

気になっていましたが、
昨日は、映像セミナーのことを書きたかったので、
私なりのご回答を本日に>大閑道人さま

とりあえず、月曜の文脈では、
そのまんまです。

バカ:気づかない人
賢者:気づく人

でぇ、その文脈から離れても、
私個人のバカの定義は同様です。

賢者の方は考えたことがありません。

最近、
「気づき」などという言葉が、流行っていますが、
あの言葉を無防備に使う人は、
「気づきのない人」、すなわちバカだと思います(せっかく、気づいた人、ゴメンね!)

したがって、
気づいている人は、「気づいた!」とは言わないので、
結局、誰も気づいた人なんていなくて、

世の中は、
気づいたつもりのバカと
気づいていないバカと
気づいたようだけど、気づいたと思えないバカの構造が
螺旋状で続いているのかもしれません。

賢者なんてイねーよ!と一言で終わることを、
少々理屈っぽく言ってみました。

かなり、言い方に「エイヤー」度がありますが、仕事があるので、お許しを。
これにて失礼します。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2009/06/24(水) 05:27

映像セミナー

本日より3日間は、映像セミナーです。

ついに、中小企業も、こういうことまで手を出す時代になりました。

私がVIPミーティングで、
「赤い彗星のシャーはどうして、左上から現れるか?」
というコンテンツをやったのが、確か2006年。

あの時は、みんな、
「どうして、こういうコンテンツをするの?」
という反応だったけれど、

変われば変わる者ですものです。

今回のセミナーは、純粋に撮影テクニックだけのセミナーではございません。

私も、映画を題材に、いろいろ話しますので参加者の方はお楽しみに!!

2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップヘ