月別: 2008年1月
【TAROの日記】

2008/01/31(木) 05:20

降臨4

「・・・自分にとってのツェッペリンが問題なのではなく、ツェッペリンにとって自分がなにであるかが問題なのである。そのことに全員が気付いたとき、本当にツェッペリンは復活したのである。信じられないが、本当にレッド・ツェッペリンは復活したのである」

渋谷陽一氏のツェッペリン復活コンサートのレポートはこの文章で終わります。

この一文は名文です。
この文章には、評論家と言うよりも一人の経営者としての渋谷陽一氏の思いがあるのではないでしょうか?

「自分にとっての”自分の実績”が問題なのではなく、”自分の実績”にとって自分がなにであるかが問題なのである」
と読み替えてみましょう。

人間ある程度生きれば、何らかの実績があります。
そして、今もいろいろな形で戦い続けています。

また、個人の実績の評価と収入は乖離するものです。
収入が多いから実績も高いというものではない。そこも重要です。

ちょっと、構造主義の思考の逆転に似ていますが、自分は従で実績が主と言う思考は、いろいろ考えを広げるきっかけになるような気がしてなりません。

自分が過去に行ってきたコト。そのコトにとって自分はなにであるのか?
この問いはじっくり考えてみたい問いです。

【TAROの日記】

2008/01/30(水) 05:19

降臨3

覚悟と準備で必ず「降臨」するかはわかりません。

渋谷陽一氏は、
「あくまでも彼ら自身がツェッペリンであろうとする覚悟と準備がない限り、ツェッペリンのマジックは”降臨”しないのである」
と書きました。

来るかどうかわからないけど、覚悟と準備(努力と読みかえられますよね!)が必要条件ということですね。

この言葉は重いですよーぉ。

覚悟と準備は、経験が増えるほどに減ります。
減らないように努力はしても、一度何かを得たら人はそこから自由にはなれません。

そういう点で、ツェッペリンの3人は過去の経験でいろいろ失ったんでしょうね。
若いうちに多くのものを得て、その後いろいろ失った。それが必要だったというわけです。

他人事だとカンタンに言えますが、自分に置き換えると失いたくはありません。
そこが問題なんだよなーぁ。

・・・ということで明日に続きます(この方法を今年から実験的にやっていますが、思考の継続は案外苦しいです・・)

【TAROの日記】

2008/01/29(火) 05:19

降臨2

「ツェッペリンは曲に宿り、ツェッペリンはグルーブに宿っているのである。それを導き出すのはメンバーだが、あくまでも彼ら自身がツェッペリンであろうとする覚悟と準備がない限り、ツェッペリンのマジックは”降臨”しないのである。そのことに、ようやく彼らは気付いたのである」
と『ロッキングオン』で渋谷陽一氏は書いています。

「降臨」
いい言葉ですね。

この言葉を読んで、「あ、自分にも”降臨”って昔昔にあったなー(もう、10年以上前です)」と思いました。
そして、「今は、それがない」とも思いました。

凡人でも「降臨」ってあるわけですよね。
ただ、困るのが「降臨」したら、「降臨」した自分が「自分」と思う勘違いです。
それが、ずっーっと続くと思っちゃう。でも、そんなことないんですよねー。

「ジミー・ペイジは作れたはずである。しかし、彼はツェッペリンどころか、そのイミテーションさえ作れなかった・・」

ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジは、結構早くこのことを思い知っちゃたんですね。良いことです。
それで、「降臨」の概念ができた。・・・と私は思います。

では、続きは明日に・・。

【TAROの日記】

2008/01/28(月) 05:18

降臨1

『ロッキングオン』2月号に掲載された渋谷陽一氏のツェッペリン再結成コンサートのレポートを読みました。

オークションで1000万円をつけたコンサートの内容は期待を裏切らない内容だったようです。

しかし、期待半分不安半分というのがファンの本音だったと思います。
過去に行われたペイジ=プラントのライブでのツェッペリン・ナンバーは、まったくツェッペリンではなかったという評判でしたから仕方がないですね。
そういうリスクの高いコンサートに1000万円を払った人は凄いと思います。

ところが、ファンの不安を裏切り、ツェッペリンは降臨したようです。

んー、うらやましい。
一人の庶民が見ることなんてできませんから、最初から諦めている話ですけど、やっぱりうらやましい・・・・・・・。

1970年代には、サブカルの一つでしかなかった音楽が今では宝石並みになっているわけで、何が価値を上げるかなんて誰もわからないですね。

そういえば、ポリスのマカオ公演を最高の場所で見るツアーが販売されましたが、少しずつこうした宝石も庶民の手の届くなるものにはなっているようです(私も、2月のポリスのコンサートはかなり良い席で見る予定です)。

渋谷陽一氏のコンサートリポートで気になったのは、「降臨」という言葉でした。

                                 (つづく)

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2008/01/25(金) 05:03

クレーマーの心理5

************************************************
今週は当社のスタッフの方々にお送りしています。
こんな場所で訓示みたいなことをたれてすいません。
************************************************

さて、最後になりました。
まとめます。

「お金を頂戴して怒られるというのは人間として最低である」
というのは、当社の行動基準の一つですが、怒っている人が直接怒ってくれないという風になると、この基準はまったく意味がなくなってしまいます。

心理学で言う「マイナスのストローク」という奴ですね。
カンタンな言葉で言えば、「無視される」ということです。

私たちが一人では成り立たないというのは自明です。
ですから、誰からも無視されたら生きられません。

『仮面ライダー電王』のもう一人のライダーである侑斗は、カードを一枚使うごとに人々からの記憶がなくなっていくという設定でした。

存在していても、他者から存在が認められなければ、存在しないのと一緒です。

人という存在の面白いところがここにあります。
そして、このテーマは多くの哲学者が考え続けたことでもありました。

当たり前のことですが、会社はお客様がいなくては存在できません。
そして、お客様の記憶に残ることを続けなければ、忘れられていきます。

さらに、約束を破ればお客様の記憶から即座に抹殺されます。

会社の倒産とは、お客様による抹殺なのです。
確かに、社長の放漫経営などによる倒産もありますが、怖いのは抹殺による倒産です。
この倒産だけは復活がありませんから・・。

そして、こうした周辺に、どうして存在するのか?の問いが隠れているというわけです。

2008年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ