月別: 2007年5月
【最近賞味したもの】

2007/05/31(木) 05:21

『バベル』

期待度ゼロ。
しかし、良かった。

人の愚かさを描くために、少々無理を感じる部分もあったけれど、ご愛敬。人は、愚かになると、信じられないくらい愚かになるものなのだ。

そうした人の愚かさを、独特のリズムで描くカメラ。そして、サントラ。とても気持ちがよい。

話題作は期待しないクセがついているので出来の良さに戸惑いを覚える。そんな自分の素直でない性格を感じながら、恐れ入りました・・と思った。

とりあえず、本年の個人的お好みで『マリーアントワネット』に次ぐ作品。

全てが連鎖。
人生も連鎖。
そこには微塵の隙間もない。
そして、一枚の紙が次の連鎖を生む。

閉ざされた世界は、実は大きく開いていて、時には破綻を呼び、同時に信頼も生む。
取り戻せないもの。そして、取り戻せるもの。

取り戻せたものはあり。
取り戻せなかったものもある。
そして、取り戻すことが決してできないものが冷徹にある。
時は動いている・・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2007/05/30(水) 05:31

悲惨な体験(業務連絡)

成功事例と悲惨な体験のどちらが役に立つか?

そりゃ、どっちもでしょう。

この間、セミナー参加の一部の方々とお酒を飲んでいたら、悲惨な体験の自慢大会に話が移行。
そのうちに、悲惨な体験の投稿を集めて、最優秀の人に賞をあげようという話に・・・。

すでに、参加する人が5人ほどいるので、秋くらいを目処にニュースレター上ではじめます。
参加希望の方は、今から悲惨な体験をたくさんしておいてください。

ちなみに、最近は、悲惨な体験時の対応の相談が圧倒的に多いので、たくさんに人の顔が浮かぶな~。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2007/05/29(火) 05:07

ひさびさ、セミナー

昨日は、『困った人たち対応セミナー』の一回目だった。

会場に行って気づいたけれど、100名以上の方々に参加いただくセミナーは、2003年以来。なんと4年ぶりなのであった。
今回も別に100名以上の方々に参加いただくつもりなどなく、結果的にそうなっただけ。

しかし、こういうテーマに人が集まるようになったのは時代だ。まだ、敏感な一部の方々の反応だとは思うけれど、このテーマの重要性がわかっているセンスの良い人が多いのに驚く。

ところで、多くても30名くらいの方々相手にじっくりゆっくりの対応をしているのに慣れすぎて、約130名の方々を前にしたらずいぶん戸惑った。
後ろの方の空気がわからない。端っこの方の空気もわからない。

「あらら、かなり感覚が鈍ってきたな~」と思った。
どうも、気づかないうちに、居心地の良いところにいてしまったらしい・・。

今回はオープニングと1時間の対談だけがワタシの出番。だから、まだよかったけれど、こりゃ感覚戻さないといけないな・・・。

と思いながらも、現在はあまり大きく何かをやる気分にはない。
どうしても、やることがコア向きになる傾向があるので、100名以上向けコンテンツというのが馴染まない。

でも、そろそろ時期なのでしょうか?
ワタシの手元には、なぜか比較的人数が多い向けのコンテンツが2つ。
というわけで、またやるかもしれません(気が変わらなければ・・)

まぁ、その前に『困った・・・セミナー』の残り3回が先ね。
このセミナーは、内容が地味ではありますが、知っている人と知らない人の差は一気につきますね。
すでに、当社および一部お客様で静かに経験済みなので、ここで100人以上が知ることになるのは意味がありますね。

【無理に哲学】

2007/05/28(月) 08:29

運動会と哲学

一年に一度の運動会。
村の運動会は人数が少なくてピクニックみたいな感じである。
一年に一回、比較的お父さんになれるのは、この時だったりもする。

運動会の必需品は、難しい本。
大音量のノン気な音楽を聞きながら読みふけるのが快感だ。
そして、時々、子供の応援と撮影と親子種目の出場をこなす。

このギャップがいい。
特に、今回は前日に六本木まで20分ほどかけて走っていたので、街を走る感覚と緑だらけの村の風景とのギャップも気持ちがいい。

そこで太陽の中で哲学。
「運動会の会場で読むベルクソンは浸みる」

ベルクソンのところには、サルトルやニーチェや西田幾多郎や数々の偉人や音楽家や映画監督などが入っても可です。

かなめは、難しい本は、こういう時に読みましょうと言いたいだけでした。

こうして、今年の運動会も終わった。
本は赤線だらけだな・・。充実。

【無理に哲学】

2007/05/25(金) 05:35

無目的

朝、東京の街中を無目的に走ってみる。
気持ちがよい。

最近、カラダを痛めているので、ゆっくりゆっくり。
東京の最高の醍醐味は、道と景色。

一本の道が意外なところに通じていて、景色も意外性が多い。

これが歴史よね。

歴史のある町が面白いのはこういうところ。

私が住む村は古墳だらけ。
東京よりも歴史は長い。

大昔は東京よりも発展していたかもしれない。
でも、どこかで止まった。
当然だけど、今も止まっている。
だから、自然の美しさや山遊びの楽しさはあるけれど、知的興奮はない。

東京散歩は、カラダとアタマに興奮があるのよね。

ところで、そろそろ歩こうと決めて、走るのをやめる地点を決めたら、突然疲れがやってきた。

そこでヘーヘー言いながら哲学

「止まるところを決めると急に余裕がなくなる」

「あの信号をゴール」なんて決めたら、急に息が上がる。
「あとちょっと」と思ったら、急に足が重くなる。

目標を決めると楽しめなくなるのだ。

2007年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ