月別: 2007年3月
【無理に哲学】

2007/03/30(金) 08:49

佐世保からの手紙

佐世保のお寺の住職から時々お便りをいただきます。

今日も、顧問をしていらっしゃる高校の「学校便り」に書かれた一文をお送りいただきました。

文章を読ませていただき、「まいりました」とうなってしまうと同時に、この一文を全ての在学生が読むことはないにしても、この一文で人生の姿勢が変わる子もいる・・と思うと頭が下がりました。

高校生という最も多感な時期には、ちょっとしたことで「人生」というテーマが目の前に厳然とあることに気づくときが来ます。
奥手だった私が「人生」とかいうものの存在に気づいたのは、突然大学に行くことになってしまって受験勉強をはじめた冬。勉強をしながら『たむたむたいむ』という番組を聞いているときでした。

DJかぜ耕士が何を言ったのかは記憶にありませんが、あの番組の「包み込む」雰囲気にやられて何かを感じました。

そして、いただいた一文を読んで、自分が「人生」という言葉をはじめて認知したそんな時を思い出しました。

ところで、その一文の中の「正しい答えが納得のいく答えになるかどうか、そこに人生経験が不可欠になるものがあるのだろう」という言葉に大きくうなずきました。

正しい答えにすぐには納得できない自分のおごり

正しい答えを表面からしかとらえられない自分の未熟。

しかし、そのおごりや未熟こそが自分そのもの。

そして自分の経験から正しい答えを語れることがあったとしても、それは無力であることの事実・・。

昨日、スタッフから
「社長、子供に”人生ってナニ?”て聞かれたらなんと答えます?」
と言われて自然に出てきた言葉は、
「”お父さんにとってはコツコツ。それはいつかわかると思うよ”とでも言うかな?」

でも、言いながらこれは言ったらおしまいよ・・とも思う自分もいる。

いただいた文章を読みながら、そんなことを考えました。

いつの間にか、おっちゃんになっている自分。
高校生の自分が見ていた将来の自分も、漠然としたおじさんでした。
そのおじさんへの旅は、確かに「人生」という言葉を意識したときに始まったのだと思います。
その出発点をどんな言葉に刺激されて始めるかは、その後の「おじさんへの旅」の景色をずいぶん規定したようにも思います。

そして、毎日が旅の始まりなのだから、良きものに刺激されたいと思う今。確かに、世の中は安易な結果主義と間引きされたものばかりですが、だから注意深く良きものを選びたいと改めて思いました。

ってことで無理に哲学に行きましょう。
「健康に注意しよう」

当然、心の健康ね!

【最近賞味したもの】

2007/03/29(木) 08:40

和尚さん

当社は変な会社で、一年に一回禅宗の和尚の話を聞くことになっている。

昨日はその一年に一回の日。

毎度思うけれど、この行事は「骨盤矯正」に近い。
人間って、背骨も骨盤も、そして心も曲がる。
したがって、時々矯正が必要になる。

ちなみに、和尚には6月の『VIPミーティング』にもご登場いただきます。
きっと良い骨盤矯正となりますよ。

なお、和尚と「漫画”バガボンド”を禅的視点から見てみる」的な会話を行い、強引に録音しました。
要所要所で、私が和尚にねじ伏せられる場面アリ。結構面白い会話ができたと思っています。

今回は、マンスリーCD形式ではなく、会員限定という形で一応販売予定です。
ご興味のある方はどうぞ!

・・・・・・・・・今回は宣伝になちゃったな。まぁ、普段しないのでいいっか・・(最近、「おまえの所のことを俺が聞かれてかなわない」というお客様が多いので、ちょっとだけ露出です)。

【TAROの日記】

2007/03/28(水) 05:37

wiiで壊す

wiiのやり過ぎで痛くなった肩が直らない。
子供とキャッチボールをしようとしたら、肩が上がらない。

気づいてみたら、寝返りも打てないじゃないの・・・・・・・。

たかが、wii。

でも、こんなに痛みが続いているとは・・。

しかし、キャッチボールするまで痛みが続いている異常を認知できないというのはどういうことだろ?
何かバランス崩してるんだろうな・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2007/03/27(火) 05:26

天下無双ね・・。

漫画『バガボンド』で、柳生石舟斎が言う。
「天下無双とは、ただの言葉じゃ」

世の中には、この単なる「記号」だということがわからないで「成功」をめざすものがたくさんある。
最近の新興市場の事件もそう。ライブドアどころじゃない。おかしな事件が多すぎる。

「ただの言葉」
「ただの記号」

でも、それが力にもなる。
単純に否定もできない。

しかし、「ただの言葉」
こういうことに、
集団で気づかされてしまうことがある。いわゆる時代のいたずらだ。

石舟斎の言葉に武蔵が気づけたのは、父の「天下無双」が彼の恐怖感から出ていることに気づいたから。
ここに、「成功」っていう「ただの言葉」の本質がある。
んー、『バガボンド』は侮れない。

でぇ、この漫画をテーマにした音取りを明日やるんだけど、テーマの一つはここら変だな・・と思う。
いやいや、外してしまうか?
どっちにしよう。

いっそタロットカードから考える『バガボンド』とかね・・・・・・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2007/03/26(月) 08:32

キャブレターがかぶる。

春です。
春の匂いです。
ガキの頃は、春の匂いがしてくると車庫から単車を出してガチャガチャはじめたものです。

でも、冬の間かまわなかったせいで、キャブレターがかぶっていたりするもの。
バッテリーコードを外しておかないおかげで、バッテリーが上がっていたりもしていたものです。

でぇ、「オカモト」っていう乗り物なんですけど、どうもキャブレターがかぶったみたい。
ブスブス言ってて動きません。

やっと時間ができたというのに、キャブレターがブスブス言ってたらダメですは・・。
そんなわけで、思考をかえて仕事放棄。

突然ですが、6月にロードレースに出場することなんぞにして、練習をおっぱじめました。
家の中では大音量でニューウェーブを聞くばかり。これは、間違いなくフランシス・コッポラのせいね。
さらに、和尚との対談準備のために「バガボンド」25巻の再読。ネタが多すぎて一回の対談じゃ無理ね・・。

夜はワインで酔っぱらい。安いテーブルワインでうまいのを発見!!これで、ウマ安ワイン(赤)のリストは3種類に・・。後、ランシュ・バージュのセカンドはかなり気に入ってしまった(セカンドってところがセコイけど旨いものは旨い)。そんなこんなで2日でワインを5本もあけて二日酔い。

子供が突然将棋にはまり、「王様と金、銀1個ずつ+歩」というハンデを課されて勝負。全勝負勝利。気持ちがいい・・・・・・・・・。

月曜日。
社会復帰は可能か?
1年に数回、こういう自堕落がやってくる。
嫌いではない。
安吾じゃないけど、堕ちるときは堕ちればいいのよ。
這い上がってはいけません。

2007年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップヘ