月別: 2006年11月
【最近賞味したもの】

2006/11/30(木) 05:06

『レント』

んーーーーーー、さて、さて。
どうなんでしょうね・・。

2階席だった不利もあるとは思うけれど、イマイチだった・・というのが感想。
3年前はどうだっただろう?

曲の良さで押せるから、会場全体は受けていた。
でも、明らかにsomethingがない。
まぁ、一線級が来てるとは最初から思ってないけど、それにしてもトップと次以下の差は大きい。

主催者側の「やっつけ感」も感じたな~。
字幕いいかげん、舞台のセッティングもエイヤー。

何を語るかではない。誰が語るかなのだ・・・。ということがよく出た舞台だった。
曲がキャッチーでもごまかしはきかない。

追記
ただし、『レント』の2回目の来日の時代的意味は大きい。
このミュージカルで描かれることは、10年経って、この日本でも市民権を得たと言っていいでしょう。
もう少し言葉を変えると、新しい市場が忽然と現れた・・・のです。
この2006年的な意味はとても大きいと思うのです。

【最近賞味したもの】

2006/11/29(水) 05:21

『百年恋歌』

1911年、1966年、2005年の各時代。
その各時代に、同一人物の2人の男と女が互いに恋をする。

しかし、この映画は決して輪廻転生を言いたいわけではない。
あえて、同じ男と女で各時代の恋愛を描くことで、本質を抜き出そうとしているのだろう。

そして、二人の関係は「恋愛関係」と表現するよりも「男女関係」と表現する方が正しいことに気づく。
なぜならば、時代時代の「男女関係」は、まったく別物。

私たちが考える純愛的なものは1966年。
そして、(ビートルズが『リボルバー』を出した)1966年を機軸に、1911年と2005年を描く。
1911年には、恋愛と言うより情が、2005年では、レズ関係も絡めたゲームが描かれる。

どれが良いとか悪いということではない。男女関係の変換が主役。
そして、それを保つ「場」こそが本当の主役。

と言うことで、この映画の主人公は、時代が生み出す「場」
そして、その場によって作られえる男女関係。

さらに、男と女の時代に対する感性の差も見逃せない。
男って、どうして、こんなにダメなんでしょう。
女の持つセンサー能力は、最後に男を翻弄する。
時代の変換は、男主導から順次主権の交代が行われているというわけ。

淡々と音と映像を結びつける手腕に拍手。
当然ですが、音も時代を「場」にする重要なアイテム。
そいでもって、この台湾映画もマリエンバードの子供ですな。

ただ、マリエンバードの子供たちは、観客には少々忍耐を強いる点が難。
そこら辺はもう少し何とかして欲しいよな・・・・・・・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2006/11/28(火) 05:47

『経営計画セミナー』

今日から、今年最後の『経営計画セミナー』。
来年はじめに行う卒業生の会(『年頭に”頭”を使う会』と言います)同様大盛況・・。

そろそろ、来る人が少なくなるかな?と思っていたので驚きです。
まぁ、自分で言うのもなんですが、このセミナーは1回は受けておくべきセミナーですからね~。
自己啓発セミナーの矛盾なんかもわかりますし・・。

一応、現在の予定では来年は1回の開催です。
そろそろ受講された方もいい数になったので、1回でいいかな?という感じ。
まぁ、今回の開催を見て、希望が多ければ2回もあり得ますが・・・・。

さて、では今回も「見たくない現実」をたっぷり見ていただきましょう。

【無理に哲学】

2006/11/27(月) 05:49

30年の重さと軽さ

11月24日でムーンライダーズの一連の30周年イベントが終わった。
中学生の時にジャケ買いした『火の玉ボーイ』を縁に30年。
んーー、涙ものだ。

イベントは10年目にも20年目にもあった。
10年目は就職して3年目の夏。

当時付き合っていた彼女に、このバンドがいかに凄いかを力説した。
当然だがわかってもらえなかった。
貧乏サラリーマンはライブにも行けなかった(東京が遠かったな・・)。

20年目は、脱サラして3年目。人のことなんて気にしていられなかった。

なぜか、30年目は追いかけた。
そこに何かがあると感じたから・・・。

見つけたものは、重さと軽さ。
なるほど、追いかけたくなるわけだ。

裏切り方のセンスと期待を上回るセンス。
そして、既に気分は先にある意志。

人生の先輩のそんな姿を見ましたよ。

そして、哲学。
「そうなのだ。人生なんて軽いのだ。そして、その軽さが重いのだ」

いやー、こんな学習をさせていただくなんて・・・。
15歳で出会い、大きく影響を受け(なんだか、若手の映画監督みたい・・)、45歳で再度教えていただいたこと。
それが人生の軽さ。

力が抜けて、宇宙を見た。
重いものなんてないのだ。

できたら、自分も裏切り続けたい。
自分と宇宙と真理って奴を・・・。

【無理に哲学】

2006/11/24(金) 05:51

ボジョレヌーボ

先週、「ボジョレヌーボを飲む会」なんてのに行った。

「会」なんて言うと大げさで、月に一回飲み会やっている仲間のTさんのお誘いなのだった。
「ワインカラー」のものを身につけること・・という掟書が来てびびったけど、まぁ、そんなことはどうせごまかせるとタカをくくってフラフラ行く。

でもって、ワイン以外に「特別な毛ガニだぁ!!」などと言われて「特別」な食い物も出た。
しかし、どのように「特別」なのかもまったく理解できず、「うまいうまい」という言葉以外は慎重に選びながらただ食った。

かわいそうなことに、料理を出す側の「こだわり」は、まったく「猫に小判」。
ただ、食って、飲んで、世間話をした。

帰りに、「残飯捨ててよ」と言われて、残飯を押し付けられ帰った。

そこで哲学。
「ネコにも小判の価値はわかるが、本当の”お楽しみ”までは理解できない」

そういえば、「何か音楽を持ってきなさい」という命令に、ボジョレヌーボに合う選曲なんてことをして、CDを15枚ほど持参。

どれもこれも、名演&もう完璧にボジョレヌーボな選曲だったのに、参加者の誰も音楽のことなんてどうでも良くて食って飲むだけ。
結局、ここでもネコに小判(料理を出した人の悔しさがここでわかった!)。

翌日、家に帰って、良いステレオで聞きなおしをしましたよ。
音が出た瞬間、飲みなおしたくなりましたね・・。

んー、今度は、我が家で、旬のものを食いながら冷酒を飲むというのをやるか?
でも、結局、どんなステレオで聞かせても、誰も聞いちゃいないから毛ガニとポトフとパスタとサラダとパン同様の運命になるな・・。

2006年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップヘ