月別: 2006年7月
【無理に哲学】

2006/07/31(月) 08:40

メルマの原稿を書きながら・・

メルマの原稿(有料の方です)。
「解決」なんてことをテーマに書いている(9月の中旬配信の予定です。いやいや、10月かな?)。

しかし、そんなことを書く権利は実は、ボクにはない。
なんてたって、「忙しい」という最大の問題をまったく解決できない・・・・・・・・(苦)。

解決の一手法に、「支配権を手に入れる」という方法がある。
このベクトルで考えると、「忙しい」の解決は、「忙しい」を支配することになる。
または、「時間」を支配できればいいことになる。

でぇ、100%の時間支配はできないので、時間は与件であり、環境である。
だから、「忙しい」ということの支配を考えることになる。

じゃー、それをどうするか?

そんなこんなで、「忙しい」を考える。
なんてことはない。既にコントロール権はこっち側にある。
全部放棄すれば、すぐにでも暇は来る。
このブログの書き込みも止めれば、すぐに別の仕事はできる。
その仕事も止めてしまえば、やはり今日中にやらなきゃいけない別の仕事ができて、それも放棄しちゃえば夜のお酒はおいしい・・・。

いやいや、おいしくない。金輪際、お酒はおいしくない。
ってことは、何なんでしょう?

でぇ、考えてみたら、土曜日の日に、あることを放棄した。
とても忙しくてやってられないので放棄。
止めることに無念もあった。
でも、これ以上は無理ってことで止めた。
そして、夜のお酒は最高だった。
なんで、この時のお酒はおいしかったんだぁ?

自分自信の支配権は自分にあると思うことに無理があるんだな、きっと・・。
ってことは、お酒のおいしさをメジャーにするか?
んーー、それも違う。
メジャーさえも動く、きっと・・・。

何だか、だんだん、仏教みたいになってきた。
しかし、仏教的結論を出すのは癪(しゃく)にさわる。

そこで、哲学。
「実は、”解決”なんて幻想なのだ・・・」

おおー、メルマの原稿で「解決」について書いている人がこんなこと言っていいのでしょうかぁーーー。
とにかく、仕事だーーーーーーぁ!!!!!

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2006/07/28(金) 08:54

ついに・・

ついに・・・、疲れが首に来た。
首が回らない。

起きられない。
運転できない。

でぇ、本日より東京へ
久しぶりに、新潟にいたのに、災難・・。

【理由をつけてコメントに反応】

2006/07/27(木) 09:44

まとめてコメントに反応(約一ヶ月分)。長いです。

さぁ~今日は残務整理だーぁ!!って思っていたら、細浦さんから長文&普通の人には意味不明のコメントが入っていたので、大学一年の時に、『フラワーズ・オブ・ロマンス』にやっぱり填った私オカモトが反応します(おいおい、残務整理はどうすんだい!)。

&その他、だいぶコメントに反応できなかったので、まとめて反応します。

(さらに…)

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2006/07/26(水) 08:22

県民性

昨日は、新潟市で『ナマ岡本』(月2回もかんべんして・・)。

部屋に入った雰囲気が、「オカモトナンテシラナイヨ!」という感じだったので、主催者の方々が結構無理矢理集めた様子が伺えた。

という感じなので、まぁ、わかるんですけど。
新潟県人は、そういうことを想定しても、他県の人たちよりも、奥ゆかしい、って言うか、おとなしい。

久しぶりに、そんな「新潟らしさ」の中に身を置いた。

まぁ、結果的にはいろいろなバラエティーに飛んだご質問をいただき、おもしろかった。
と同時に、質問内容の県民性も感じた。
うまく言えないんだけど、「新潟」してた。
別に表向きは変わらないんだけど・・、ナンナンデショウ?

意外にも、新潟市というのは仕事的には縁の少ないところ。
ところが、今月は2回も来てしまった。
元々住んでいたところだから親近感もあるし、街の変わり様も感慨深い。
そんなわけで、もう少しゆっくりしたかったな・・。

朝一番でトンボ帰りでした・・。

【TAROの日記】

2006/07/25(火) 11:27

税務はどこに行くのか?

日本の存在の拠り所は徴税権にしかない。

日本国債のかなりの量を保有する日銀、郵便貯金は、評価方法で原価法を選択している。
そのため、市場リスクがそのまま保有リスクにはならない。
そんな均衡の元でニッポンってのが本日も何もなく存在する。

しかし、その均衡が均衡でいられるのは期待である。
徴税権があるという期待である。

しかし、日本政府に本当に徴税権はあるのか?
それがあやふやだから、取りやすいところから取る。
昨年のサラリーマン増税話は本質的な税金の話だった。ところが、それはスキャンダルのようなものに変えられてしまった。マスコミってのがニュース性以外は何も大事にしていないことの表れだ。

今回の中小企業大増税。方向的なところはわからなくもないが、本来の問題を解決することなく、「取りやすい」の思想を持ってくることはどういうことか?そこには美学も何もない。

それは、このことに限らない。日本の徴税権は、取りやすいサイレントマジョリティーを相手にしてのみ力を発揮する。

さて、消費税。
話によると準備は万端のようだ。
早ければ、今年の税制改正(12月)に出る。
インボイスの導入もほぼ決まりのよう。

結局、日本の存在は、ここにしかない。
小手先はいけない。

個人的には、消費税が上がるのは困るが、卑怯なことをするよりは良いと思う。
後は、総裁選次第。

どんどん税は複雑化する。
新会社法が税にもたらしたことも複雑だ。
できたら、シンプルが主流にならなきゃいけない。
税はどんどん逆行する。その先にあるものって、出先機関が力を付けるだけの図だよな・・。いわゆる、代官政治が強くなるだけのよ・・。現実はくだらないよな・・。

2006年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップヘ