月別: 2006年4月
【最近賞味したもの】

2006/04/29(土) 08:21

イースター島

春だというのに黒い。
真っ黒だ!はずかしい・・。

タヒチ経由イースター島は遠い。
ついでに行ったら出ることができない。

3000人の島にはモアイしかなくて、日は強い。
ついでに、天気は変わりやすい。
そして、顔は黒くなる。

(さらに…)

【無理に哲学】

2006/04/28(金) 11:29

お高級ワイン

「会を始める前からボトルを抜いとけばよかったノダ・・」

言われてみればその通り。すいません!!

そこで天気の良いリゾート地で哲学。

「ビールの栓は開けやすい」

毎度のことですが、これは哲学ではありません。
ちなみに、ワンカップ大関はもっと開けやすいです。

ビールがラムネのような開栓方法だったら、どうなるかな?

【無理に哲学】

2006/04/27(木) 03:36

那須セミナー

那須での『経営計画セミナー』初日は大変だった。
とにかく時間がない。
ひっかかる参加者多数。
みんなも大変、こっちも大変。
しかし、今日はみなさま吹っ切れたように順調・・・・・。

こんなものね。

そこで、セミナー中に哲学。

「大変というのは大きな変化と書く」

ってことだったようね・・。

【無理に哲学】

2006/04/26(水) 12:45

那須

那須でセミナー中。

来てみて知ったこと。
那須って福島県なのね・・。

知らないで東京経由で入った。
新潟から直接行けたのに・・・・・・。

ちょっとした手抜きが遠回りになるんだよな・・。

そこで、那須で哲学。

「手間をかけると節約できる」

おーーー、なんと当たり前のことを那須で哲学していることか・・。
そもそも、哲学の定義が最近ずれてもいるが・・・・。

【無理に哲学】

2006/04/25(火) 08:46

開く

マンガ『神の雫』を読むようになってから、ワインは「開く」ということを知った。
最初は、おいしくないのだけど、デカンタに入れて空気に触れさせておくと、味が良くなることを「開く」なんて表現するのはおしゃれである。

昔、ウン万円のワインをデカンタで出されたときに、ボトルで出てこないのは、中身が違うからだろ!とウエイターに言ったことがある。
こいつはバカだ!という目でウェイターは言った。
「高いワインほど、こうしないといけないの!」

その時のウェイターの説明は短くてよくわからなかったが、その後マンガで理解した。
そんなわけで、生意気に「開いた」なんて言いながらワインを飲むなった・・?

昨日、『まーけ塾』が終わってから、ボクの書斎で飲み会を行った。
花見をするという話が、どうしてボクの書斎で飲むことになったのかは不明。
こんな飲み会アリ?という感じだったけれど、まぁ、家で飲むのは楽である。

そんなわけのわからない飲み会に用意していた秘密兵器。
1993年もののデカボトルのワイン。
どうせ飲み屋で飲むより安く上がるというので奮発した「お高級」なワインちゃん。

でぇ、開封して飲んだけど、開いてない・・・。
でも、これは、開いたら相当うまいな・・ということは十分感じた。

しかし・・・・。
「開かない」「開かない」と言いながらみんなで飲んでいたら、終わった・・。

開かない「お高級」ワインはこうして、たっぷり不満を残しながら胃袋に入った。

そこで二日酔いの頭で哲学。

「待つというのは最大の戦略である」

これって、以前も書いたような気がするけど、昨日はカラダで感じたので、再掲。
待てない人はダメです。
時間は待ってくれないなどという脅迫に負けてはいけない。
「結果」というのも脅迫。
本来、結果なんてモノには価値がない可能性もある。
結果を遠ざけると、とっても良い結果に至るという皮肉な事例も世間にはたくさんある。

2006年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページトップヘ