月別: 2006年1月
【TAROの日記】

2006/01/31(火) 03:05

これも意味か・・・。

セミナー会場に行くためタクシー乗り場へ。
いつも5台はいるタクシーがまったくなし。
通りにもタクシーは走っていない。

「こりゃく、なんか意味があるな・・」
と思って駅へ向かって歩き出す。
病み上がりで辛いけど、電車で行くことにする。

歩いていると、向こうからNさん。
「お久しぶりです~」

なーーるほどーーーーーぉ。Nさんに会うためにタクシーが捕まらなかったのか・・ぁ。
駅までご一緒して世間話。
あー、病み上がりには駅までの距離が辛い。

これは、こっちから見てシンクロ?
それともNさんから見てシンクロ?

んーーーーーー、思ったようにならないときは、やはり何か意味があるのか・・。
まぁ、そう考えておきましょう。

【無理に哲学】

2006/01/27(金) 09:51

毎日が「落胆」

さっきまで、自分は行けるものと思っていた。
しかし、おかしい。チケットがこない。

と言うことで調べてみたら先行予約落選。

昨年10月というとっくの昔のお話でした。

あーーー、今からでは、良い席ないぞーーーーーーー。

ということで本日の落胆。

「フランツフェルディナンドに行けません」

あーーー、行きたいよーーーーーぉ。

追記

このコーナーが来週から定着する見通しはありません・・。

【無理に哲学】

2006/01/26(木) 12:30

毎日が「嫌み」

少し疲れている。
何だかカラダがだるい・・・・・。

そんな時、とっても嫌みに見える人。
それは、

「タバコを吸ってる健康そうな人」

追記
タバコ吸いの方、ごめんなさい。

なお、これが次回も続くかはわかりません・・。

【TAROの日記】

2006/01/25(水) 08:19

また増刷

1冊目がまた増刷。
もう刷り数がわからない。

しかし・・・・・・・・。だよなーーーーーーぁ。

よく言われる言葉。
「処女作に向かって本を書く・・」という言葉。

どうして1冊目が越えられないんだろ?
自分じゃ進歩してると思うんだけど、スタッフにも1冊目がいいと言われる始末。
数が増えると姑息になるんだろうな・・・・・。

最近は、この姑息さとの戦い。
おかげで、書いてた原稿全て捨てることもした。

とにかく、姑息さがにじみ出てて、美しくない。
2月締め切りの原稿は、違うコンセプトで再び書き出したけど、さてどうなるやら・・・・・・・。

何でも初期衝動というのは凄いんだろうな・・。
1973ー4年頃の音楽たちの初期衝動は本当に凄かった。
あの匂いはどんなことしても歴史には残りようがない。
生き証人が死んだら終わり。

その生き証人の一人は、まさか44歳にもなってから、15歳くらいに味わったあの感覚の呪縛を感じているとは・・・・・・・・・。

ビジネスでもなんでも初期衝動が大事なのです。
その維持は不可能。

「初心」なんて言うけど、そんなの戻れるわけがない。
絶対に戻れないものだから「初心」なのよ。

おお、書きすぎた。続きはメルマで書こうっと・・・・・・。

とりあえずグチでした。

【TAROの日記】

2006/01/24(火) 10:17

予測してたんですか・・?

最近、「予測してたんですか?」って言われる。
ライブドアのこと・・。

そんなの予測なんてできるわけない。

でも、予測してたように見えるらしい・・・。
特に昨年末から年始めの発言は、そんな雰囲気があったそうな。

そんなの本人は知らん!
たまたま。

でも、一昨年あたりに盛んに「彼らのような人たちが時代の前を走って灰になってくださるので、灰になってくださったら、少し勢い付けましょう」なんて冗談を言ってた。

流れとしては兆しが見えたような・・・・・・・・。

時代は必ず本質価値に戻る。
かならず極から極に動く。

別に予測なんていらない。

2006年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ