月別: 2004年6月
【毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)】

2004/06/30(水) 06:44

[毎日が哲学]49日目

哲学者の名前って、かっこいいよな。
ヴィトゲンシュタイン
レヴィ・ストロース
フーコ
フッサール
ベルクソン

何か神秘的。

そこで哲学。

「案外、言っていることは、たわいない。しかし、名前がかっこいいと、それなりに聞こえる」

むむむ、これは利用できるな・・。
「タロッチ・オカムーチョ」とかにするか・・。

むむむ・・。
何で、こんなメキシカンな名前しか浮かばないんだ・・。

【TAROの日記】

2004/06/29(火) 04:11

サイン書き・・・・。

3冊目の出版社の「アスコム」から電話。
「書店の要望でサインをしてほしい」

「何冊?」と聞いたら、「150冊」と言う。(汗)
「おーーーーーーーーーい、代わりに誰かしてくれー」とも言えず、せっせと
サイン書き・・・・。
少しまっずぐになってきた背骨が再び曲がったような・・。

【TAROの日記】

2004/06/29(火) 04:09

ありがとうございます。

三冊目の本が予約段階でアマゾンの4位になってしまいました。
何のキャンペーンもしていないというのにありがたい話です。
みなさん、本当にありがとうございます。

今回の本は書店でもすいぶん好意的にしていただき、著者のこちらが驚いてい
ます。
おかげでサイン本の製作というとんでもないことにも巻き込まれています。

世の中で嫌いなもことの一つが「字を書くこと」なもので、少々、あわててま
すが、 こんな話までいただくんですからありがたいです。

さて、では次に行きましょうか・・。
同じところに留まっているわけにはいきません

【TAROの日記】

2004/06/29(火) 04:05

「フォトリーディング的生活のすすめ」

今回は、もう一つのメルマ「フォトリーディング的生活のすすめ」の原稿の
一部より・・。

———————————————————————-

「命が3年ぐらい縮んだな・・」
これが一回目の校正を終えたときの感想でした。それから、2校、最終校と
時間のない中でつらい作業が続きました。
「どうしても6月に出したい」という私のわがままで編集者は徹夜を強いら
れるような状況でした。

そういう点で、これだけ著者と編集者の気が入った本はないかもしれません。
編集者からは「凄い本です」という言葉をもらいました。私も自分の本3冊の
中ではもっとも出来の良い本だと思っています。(ただし、本は子供と同じで、
それぞれの個性がありますから、どれが一番というのは著者にはありません
が・・)

しかし、不思議です。
今度だけは自分で書いた気がしない。確かに、途中までは自分で書いていまし
た。ただ、自らが6月に出版しなくてはならないと決めたとたん、自分で書い
ている気がしなくなってきました。
何せ、ゴールデンウィークの段階では、まだ半分ぐらいしかできていなかった
本の原稿を5月10日には編集に引き渡しているんです。それも、品質が悪い
ならわかりますが、ドンドン品質が上がってきているのが自分でもわかるんで
す。おかげで最初に書いた部分を直す羽目にまでなってしまいました。
そして、書き終わった原稿を見て、「これは自分で書いているんじゃない・・」
としか思えなくなりました。・・・

という不思議な本が「裏帳簿のススメ」です。
ぜひともご購入ください。
→ http://www.awn.jp/ura
または最寄の書店でよろしくお願いします。

また、メールマガジン「フォトリーディング的生活のススメ!」は、ちょっと
不思議な裏話を中心とした、まったく読者数を増やす気のないメルマです。
(と言っても、このメルマもそういう傾向にあるけれど・・)もし、興味が
あったらぞうぞ!

登録はこちらから→ http://www.mag2.com/m/0000107195.htm

【勝手に音楽話】

2004/06/29(火) 02:10

「Rock Of Ages」 The Band
Rock Of Ages (Remaster) (紙ジャケ)

ここで宣言しておこうと思ってザ・バンドである。
今、仲間でバンドをやるとすれば、ザ・バンドのコピーをやりたいと言いたいのだ。
それくらいいい音楽だよ。

(さらに…)

2004年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページトップヘ