月別: 2004年3月
【TAROの日記】

2004/03/30(火) 04:50

「口から出任せパーティー」

「口から出任せパーティー」ですが4月28日に強行することになりました。
会場を一日借りるので、パーティーの前には「会社にお金が残らない本当の理由ーライブ・バージョン」というセミナーも行います。

最初は乗る気じゃなかったんだけど、やるならちゃんとやらなきゃいけないというわけで、今、ご縁のある方々に出席の案内などを出している最中・・。

でも、めんどくさい。
こんなこと言わなきゃ良かった・・。
はしゃぐのは社員ばかり。

まぁ、仕方ないよね・・。

【おすすめの本】

2004/03/30(火) 04:45

「愚か者ほど出世する」

「愚か者ほど出世する」

ピーノ アプリーレ (著)
中央公論新社 ¥1,500

(さらに…)

【ビジネス万有引力の法則】

2004/03/30(火) 04:41

ビジネスではどちらの思考が有効か?

本を出してから、質問がたくさん来ている。
とても答えられなくてそのままになっているが、少しメルマで答えようと思ってはいる。

ただ、最初からわかっていたことだけど、心が痛むことがある。
それは、読み手が読み手の論理で本を読むことである。
質問の80%は、この読み手の「勝手読み」から出る質問で答えようがない。
もしくは、「その答えは本に書いてあるので、もう一度読んでください。」としか言えない。

まぁ、本なんて、一旦世の中に出てしまえばそういうものである。
さらに、私はプロの書き手ではない。こう言うと、本を出した限りプロと言われそうだが、今の出版業界はそんな構造にはない。
だから、著者の力不足から通じないと言うのは当然にあるだろう。

しかし、そういう点を考慮しても、「どう考えてもこうは読めないでしょ!」という「勝手読み」は避けられない。

ポストモダンの潮流の心は、「世の中とは“私”が読み解くもの」と理解している。
これは正しい。
そして、人は見たいように世の中を見る。
世の中とはそういうものなのだ。

(さらに…)

【TAROの日記】

2004/03/30(火) 04:39

新潟県の外郭団体の依頼で講演

新潟県の外郭団体の依頼で講演。
こういうシチュエーションは私的ではない。

このメルマで案内したら県外の人にまで来ていただいたりして・・・。
何だか、ありがたいことです。

でも、こういう状況で話すのは苦手・・。
「補助金なんてもらったら寄生体質になる」と平気で言っちゃうんだからね。
きっと、補助金の窓口になっている団体の講演会なのに・・。

「まずは、“自分だけ良くなればいい”ぐらいの発想で・・あちゃ!県の講演会でこんなこと言っちゃいけませんね。訂正。みんなでがんばるのがいいのです。
でも、それでは落ちていくだけですけど・・。」

こんな調子。
終わってから、県の人から「耳が痛かったです。」と言われてしまいましたよ。
これで、もう依頼はないかな?

でも、いつもと違う雰囲気で楽しく2時間半を過ごさせていただきました。
いつもと違う雰囲気での体験を与えていただいた方々に感謝。

私が事務所を出している上越市が会場だったんだけど、遠いところからたくさんの方々においで頂き、本当にありがたかったですね。

でも、あいかわらず上越市の方々は私をあまり知らないという構造は変わらなくて面白い。

【TAROの日記】

2004/03/30(火) 12:06

「口から出任せパーティー」

「口から出任せパーティー」ですが4月28日に強行することになりました。
会場を一日借りるので、パーティーの前には「会社にお金が残らない本当の
理由ーライブ・バージョン」というセミナーも行います。

最初は乗る気じゃなかったんだけど、やるならちゃんとやらなきゃいけないと
いうわけで、今、ご縁のある方々に出席の案内などを出している最中・・。

でも、めんどくさい。
こんなこと言わなきゃ良かった・・。
はしゃぐのは社員ばかり。

まぁ、仕方ないよね・・。

2004年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページトップヘ