【TAROの日記】

2017/08/18(金) 08:57

開業医

医者に行かねばならなくなった。忙しいのに困ったことだ。           どこでもいいので、ネットで探した。                     事務所近くの医者がヒット。大して口コミ数はなかったが、ネット上の評判は悪い。

そういえば、この医者には前に一度行ったことがあることを思い出した。     確かに、そんなに愛想はよくなかった。偉そうに当たり前のことを言うだけ。2時間待たされて症状聞かれて薬を出すだけ。そんな印象。でも、そんなもんでしょ。

私みたいなのは、そっちの方が安心する。医者になる人で愛想がいい・・というのは個人的にはあまり信用できない。私の知っている腕のいい医者たちは例外なく変人だ。

5つ星で絶賛されている医者も近くにあったが、こんなのは一番信用できない。だいたいデーター数が少なすぎる。5つ星じゃなかったら、おそらくこっちに行ったのにね・・。

そういうわけで、最初にヒットした医者に行ってみる。空いているかも?と予想したが、そんな予想(期待)に反して院内は大混乱。お盆明けの木曜日のせいもあると思うが、難民収容所みたいだ。

仕事をたくさん持っていったので、ざわつく待合室でお仕事三昧。そして、2時間経過(一瞬だった)、お昼をとっくに過ぎた頃に呼ばれた。

部屋に入ると、以前は無愛想だった医者が、異様に愛想がいい。「ありがとうございます」という言葉を何度も口にするので吹き出しそうになってしまった。「この人たちも大変だな~」と思った。

そういえば、先週、同窓会があった。隣に、現在、勤務医をやっている人が座った。お互いに知らない人だったけど、しばし話をした。               私は聞いた。                               「独立して開業しようと思ったことなかったですか?」            「もちろん、ありましたよ。でも・・・」

その後、開業医がいかに悲惨かという話で盛り上がった。知人の開業してしまった元外科医は、「腹切りて~」というのが口癖。                  基本的に職人なのだから、お金よりも良い仕事を選ぶという道もあったわけで、彼のつぶやきはとても悲しく聞こえる。

昨日の「ありがとうございます」も、とても悲しく聞こえた。

 

【TAROの日記】

2017/08/17(木) 09:04

最早2000時間を超えて働いてはいない・・というお話なのかも?

世の中の流れとは逆のことを言うことになるが、なんでこんなに休みが多いのか? 11日なんていつから休みになったんだ?今までなぜか気づかなかった。

休むのはいい。とても大事だ。しかし、休み過ぎはいけない。身体が戻るのに時間がかかる。ただし、大量に休んで海外旅行に行く・・というのは悪くないと思う。新しい欲望の発見につながる休みなら年に一回はあった方がむしろいいだろう。

・・・と今頃立腹しているが、遊びも含めて鬼のように忙しかった私には疲れが取れる良い休みではあった。正直4日くらいで十分だけど、まーいい。ギターの面白い基礎練習もいくつか発見できたし、9月2日のライブ用の数曲で、自分のパートを大幅にリアレンジする状況にあったけれど、それも終わった。

問題はソロパートの暗記。これが今だにあやふや。いつもは暗記はするものの、本番は適当なフレーズでごまかす手を取ることが多かったけれど、今回はそうはいかない。暗記したほうが絶対に失敗が少ないことがわかっているので、今日から毎日暗記だ。

実はもう2日くらい休みがあったほうが・・・・・。いやいや、そんなことになったら仕事が大変だ。・・というか休みに仕事をしないで、ギターの暗記に集中していたらよかったって話か・・? いやいや、それもダメだ。

つまり、やることを減らす。ということしかない。いやいや、これもダメである。

今更ながら。時間が欲しい・・・。

【TAROの日記】

2017/08/10(木) 08:47

ヤンチャ

ある仕事師と遭遇した。

その仕事がいい。とてもヤンチャなのだ。

思わず「ヤンチャですねー。いいですねー」と言ってしまった。相手は、私の言葉には答えずに「結構、批判が多いんですよー」と言った。             私は、その彼の言葉には答えずに「生き方の参考になります。これからもがんばってください」と言った。

良い仕事の上に”ヤンチャ”が乗ると、テキストが増える。           「うーん」と唸るだけではなく、大量のテキストが生産される。新しい価値観とコミュニケーションが生まれる。                         その仕事を味わいながら、そう思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・

このお話。あまりにも感動したので、ここに書きはじめたけど、もったいない。ここまで書いたのをムダにしたくもないので、書き直しはしないけど、これ以上書き進めるのはやめた。別のところで、書くことにしよう。

でも、ここのお話は、ここのお話で結論づけなくてはならない。困った。「ヤンチャっていいですね!」なんて終わり方はあり得ないし、「おれも、もっとヤンチャしよー」という結論も、まーないわな・・。

ここでは、問いだけを残して終わろう。                   「ヤンチャの源泉は何か?」

この問い、簡単すぎる。でも、かなりイケテル問いだ。             簡単だろうが、何だろうが、正しい問いからいつもはじめなくてはならない。   だから、この問いは重要だ。

【TAROの日記】

2017/08/03(木) 09:17

バイキング

バイキングが嫌いだ。

取るのが面倒くさいうえに、のんびりした人が前にいるとイライラする。     特に、後ろにたくさん並んでいるのに、別にそんなこととは関係なくのんびりしている人がダメだ。

段取りの悪い人・・と言うと言いすぎかもしれないが、たかがご飯を盛るだけでも若干の段取りがある、時間にして数秒の節約でしかないが、それをしない人も私は許せない質だ。

屋台などでもそう。長い列をじっと待って自分の番。しかし、そこではじめて「何にしようかしら~」と考えている人や「財布どこだっけ?」ってやっている人も嫌である。

そう言えば、昨年の『フジロック』で、注文があってから、玉こんにゃくを串に刺している冗談見ないな店があったが、噴飯ものだ。もちろん、列はとても長く続いていた・・。                                 「何にしようかしら人間」と「注文聞いてからのんびり串刺し店」のW攻撃に出会ってしまったときには、この世の終わりだと思った。おおげさじゃないよ。気が短い人間なんてそんなものなのよ・・。

こういう景色は、日本中にある。あって当然。でも、それによって効率の悪いものが膨大になっているように思う。                        3年くらい前に雑誌にあったアクセンチュアのトップの発言は、結構共感した。そこに私のような嫌な奴の気分の寄せ集めを見事に昇華したものを見た。       そして、私は理解した。「なるほどー、AIの推進というのは、エリートの革命なのね。フランス革命の逆だ(だから、世の中良くなるかもしれない)。でも、革命だから、みんな追い落とされるんだな~。エリートって怖いね~」

今のところ、AI賞賛は、冗談だろう。でも、それを推進する者に、革命の気分があるとすれば、それは着々と進むはずだ。だって、私の嫌バイキングな気分は、結構、根が深くて、執拗だからね。

 

【TAROの日記】

2017/08/02(水) 08:56

みんなどこにいたのでしょう?

『フジロック』の来場者数が発表された。
125,000人で過去最高数だった昨年と同数。金曜日が2,000人増え、日曜日が2,000人減っている。

昨日書いたように、この数字、私の実感とは大きく乖離している。昨年までは数字を少な目に発表していたと聞いているので、その差かもしれない。出版物の発行部数に代表されるように、発表数字を鵜呑みにできないのは、この国がアメリカと戦争をしていた時から変わらない景色だ。

まー、しかし本当のところはわからないので、過去の数字を含めて発表数字をそのまま鵜呑みにすることにしよう。そうすると、私の実感との違いは、会場の整備が整ってきたこと、シャトルバスの増便(増便していたかどうかは知らない)、入場者の分散・・・というのがいろいろ絡まって起きたことになる。

グリーンステージのメインアクトで、3日間とも例年ほど混雑していなかったのも、みんな別のどこかで楽しんでいたからだろう(その割には、ホワイトの入場制限とか聞こえてこなかったけど・・・)。元のオレンジ・コートがただの休憩所になったから、みんなそこで休んでいたのかもしれないし、みんな熟練してきて大通りを通らずに、我々同様にけもの道を歩きまくっているのかもしれない。テントでずっと寝ていたのかもしれないし、意外にゴンドラで山の方へ遊びに行っていたのかもしれない。

現場にいる我々には、目の前しか見えない。目の前が空いていれば、数が少ないと思う。でも、目の前以外で何が起きているかはわからない。だから、数字を信じるしかない。そして、戦争の時も、こんな感じだったのかもしれないよなーと思ったりする。

私の実感はまったく真実とは関係ない。あくまでも私の目の前の起きていた景色のお話。しかし、実感と発表の乖離には大いに興味が起こる。まさか、みんながけもの道を通っていたとは思えないし(誰にも会ってないし・・)、ゴンドラが混んでいたとも思えない。オレンジの休憩所はステージがあったときより人は多いが(笑)、それでもしれている。ラブサイケでヘブンに入場制限がかかっていたが、「昔より入れなくなったよなー」と言いながら私は通り過ぎた。

真実はわからない。でも、私は自分の実感を信じる。それは実社会でも一緒。私は今までそれでずいぶん得をしてきたのだから、仕方がない。

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ