【苦しめTAROお仕事LIVE】

2018/02/23(金) 08:57

恐怖

NHKで、小澤征爾のインタビュー(過去のもののダイジェスト)が流れていた。
そのインタビューで、彼が「音楽は、とても難しいんだ」とシミジミと発言しているのが印象的だった。

私は、この発言を聞いていて、自分が与えられていないものについて、ちょっと悔しさを感じだ。
専門家が「音楽は、とても難しい」という言う。私は、うなずく。でも、私は絶対にわかっていない。わからない。

しかし、同時に、それだけが音楽ではないことを小澤征爾は承知をしている。だから、そのインタビュー時に流れた、どこかの学校のコーラスをしみじみと聞いていた。
私みたいなのが聞いても、その完成度の低さは驚くレベルのものだったが、彼はそんなことはどうでもいいと考えている。それも音楽なのだ・・と思っているのだろう。

ポンと一音を出す。
私は、この件について神から何も与えられなかったので、とても雑だ。
何も考えずに、ポンって音を出してしまう。
実に、気楽で、その世界の恐ろしさを知らない。
それでも、それが恐怖の世界だということは、理屈ではわかっている(まー、あくまでも理屈だから、全然わかっていないけど・・)
そんな世界で、「難しい」と言いながら、たくさん音を出す人たちって何なのだろう?
私には、人間に思えない。

でも、私も、そんな恐怖を知っている場がある。それが仕事なのは言うまでもないが、部下たちの仕事を見ていると、この”恐怖”ってところがまるでわかっていないと思うことがある。だから、そこを教えるというのがトップの役割の一つなのだろう。

あれ? 指揮者と同じじゃん。
オーケストラの構成員は、もちろん恐怖の在りかは重々承知のプロだけど、それでも、そんなやり取りはあることと思う。

んーーー、しかし、これはとても難しい問題だ。そういえば、世間でもアマチュアの合唱レベルの仕事って実に多い。ほとんど、そんなものと言ってもいい。

んーーーーー、実に難しい。
気づいてみたら、小澤征爾と同じことを言っていた。小澤さんの言葉を聞いてたら、私は、この恐怖に初めて気づいたってことなのね・・・・・。あぜん!

 

 

 

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2018/02/14(水) 08:53

インフルエンザ

明日は、『戦略セミナー』。
約160名の方々に申し込みいただいている。

ところが・・・・・、
って書くと、私がインフルエンザになった・・と思う人もいると思うけれど、そうではなくて、約30名の方が不参加。
仕事が理由の方もいるが、結構インフルエンザで欠席・・という方々がいる。
約20%が欠席の高額セミナーって、あるんだなーと我ながら感心するが、来年からは、この時期は避けようと思った。

私のスケジュールは今年もいっぱいいっぱいで、明日の予定も間隙をヌッて入れているような状況。春以降は、やれる状況にない。
だいたい、明日のセミナーは当初昨年秋を予定していたのだから、すでに半年ほど伸びている。

冬は、インフル。秋は台風。
なかなか、セミナーがやりづらい今日この頃。
当社の定番セミナーは、毎年時期がほぼ決まっているし、他にやるとなると、リスクのある時期くらいしかないのかもしれない。

インフルエンザの皆様は、ゆっくり静養ください。
ある面、インフルエンザって、強制的に休まされるので、ちょっと楽しいところもありますが、明日は本当に残念です。みなさまにお会いしたかった・・。

できたら、第二回目でお会いしましょう。
第二回目は、実は第四回くらいを予定していた内容を急遽2回目に持ってきたほどの“旬”です。
“旬”と騒ぐのは、私くらいだけど、どういう風に“旬”なのか、そして、おそらくあまり世間的には理解されていない切り口で展開しますのでお楽しみに!

明日は、たんぽぽ話から入るよー。
本質を知ると、世間の騒いでいることの多くがバカなことに見えてきますよ。
そこら辺を楽しみにしててください。

【TAROの日記】

2018/02/13(火) 08:52

第三勢力

精進料理の良い店があると聞いて行ってみる。

小さな自宅の一部屋を開放して、趣味でやっているらしい。
お香と3年番茶の匂いが好感度を高める。

おいしい料理を食べて、全部で1000円。
お客は、私たちしか居なかったが、そのうち2組が入ってくる。一組は常連のようだった。
おそらく、私たちもこれから常連になる。

例のラーメン屋もそうだが、商売よりも品質を優先した小さな店は良い。そんなこと言うまでもないのだが、最近チラチラとそんな店が目立ち始めた。

料理は素人がコストを無視して作ったものが一番。もちろん、全盛期のすきやばし次郎のような寿司は素人に無理だが、素人のコスト無視料理にかなう料理なんてそんなにない。

料理の第三勢力は大して儲からないが、一定の常連客を掴み息の長い商売になるだろう。地方の名店が後継者のないまま閉店に追い込まれている悲しい流れの中で、希望の持てるお話だ。

さらに、この手の店の潜在力。これからの日本市場で無視のできない潜在力がある(と私は思っている)。
こうした店の向こうに新しい市場が見える。

【TAROの日記】

2018/02/09(金) 08:52

ここはどこ? 今日は何日?

自分のいる位置がわからなくなる・・というのは恐怖だ。
私は、地図好きのせいもあって、そういう場合の恐怖感はより大きいかもしれない。

山登りがほぼ生活の一部だった頃、自分の位置を見失うなんて考えられなかった。山の遭難には、純粋な遭難のほかに、単なる迷子というのも多くて、それら全部を”遭難”と表現することに、若いころはとても抵抗があったことを思い出す。

でぇ、現在、私は遭難一歩手前かもしれない。
今年に入ってから、今までにない次元で仕事が大量に降ってきて、一時は「もう無理」と思った瞬間もあった。

今は、その”はざま”でじっと耐えている感じ。
大きく深呼吸して、優先順位を確認。余計なことを考えている暇があったら、とにかくこなす・・という態度で次々といろんな仕事に取り組んでいる。

もちろん、このブログなど書いている場合ではないけれど、あまりにもずっと書いていなかったので、一言グチでも書いておこうと思って、それを実行している。

さて、洗面器に顔を突っ込みますか・・。
今度はいつ顔をあげられることやら。

【TAROの日記】

2018/01/19(金) 08:57

駅から7分

今朝、新聞に載っていたマンションの広告。
「駅から7分」が気になった。
そして、「無理だろうなー」と思った。
さらに、駅までの徒歩には、経験しないとわからない不快も伴う。

場所は悪くない。
好きな場所だ。それに○○もある。

買おうと思いついた人は現地に行って何を見るのだろうか?
マンションそのものは当然として、後はその周辺をちょっと・・。
それだけ見たら、もう疲れちゃうから、後はいい加減なものだろう。
それに心が購入に動いていれば、何を見ても良き解釈にしかならない。

よく考えてみると、不動産の購入って大変だ。
人気の物件ならば、決断も急がねばならない。
でも、住む場所である。安易には決められない。
隠れた条件が大量に潜むうえに、隣の人は選択できない。

ぶっちゃけ運である。

ビジネスで物件を借りるときには、周辺を聞いて歩く。基本だ。
お店のおばちゃんなどに、「隣ってどんな感じです?」って聞きまわる感じ。
上記の物件であれば、朝の通勤時間に駅まで行ってみるのは必須で、そんなことが大量。

そんなことを書いていると、今私が住んでいる村を決めるときに、いろんなことやったのを思い出す。そういえば、村中を案内してくれた役場の人はお元気だろうか?

家選びは暇でないとできない(・・というかあらゆることがそうだ)。
だから、もし住む場所の優先順位が高いのであれば、おそらくナニカを犠牲にしないといけないと思う。実際、私は当時そうした(大変だった・・)。

とりあえず、駅から7分は半分嘘だよ。
相当歩くのが早い私が言うんだから間違いない。
どうして、「半分嘘」なのかは、朝6時と朝7~8時と夜12時頃歩いてみればわかります。
もしかしたら、条件が整っていても無理の可能性もあるので、「半分嘘」どころか、「嘘」の可能性もあります。

この物件が気になっている人、がんばれー。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページトップヘ